Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/tafusoni/tafusoni.xsrv.jp/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

ソニーブログ

趣味、旅行から健康、スポーツ、自然、歴史、動物など生活雑事に関して紹介します。

*

北海道新幹線 東京~北海道/すぐに帰って来られる安心感

      2017/11/30

北海道旅行というと、飛行機で行くしか無いというイメージを持ってしまいがちです。

確かに、札幌や富良野など、観光地というような場所は飛行機で行く方が便利でいいでしょう。

しかし、函館を観光するならば是非、新幹線を片道使って頂いて、その便利さを味わって頂けると思います。

私はその便利さを実感するために実際に北海道に行ってみました。

 

乗車したのは、昨年10月の3連休前の金曜日夕方の最終列車です。

行きは成田空港から新千歳空港までLCCで、帰りに函館から北海道新幹線を利用しました。

「函館を旅するなら、飛行機よりも断然北海道新幹線だな!」と、実感しました。

夕方18時36分発東京行き最終列車の「はやぶさ38号」に乗れば、23時04分に到着してしまいますから、ありがたいです。

 

 

東京行きの新函館北斗駅発着は、すべて「はやぶさ」で全席指定席です。

指定席の予約を取ってしまえば予定の時刻ギリギリでも大丈夫。

しかし予約は早めにしておきましょう。

ちなみに函館駅や札幌駅の「みどりの窓口」はとても混みますので、他の駅で予約しておく方が良いと思います。

函館市内からは1時間に1本、新函館北斗まで直通の電車「はこだてライナー」が走っています。

 

新函館北斗駅到着後は、歩いて30秒もしないうちに新幹線のホームに到着。

しかも、階段もなく、とても楽です。

ただ、ホームには売店や自動販売機等の設備が一切ありません。

函館駅構内のお店などで、前もって駅弁などを購入しておく方が良いかもしれませんね。

 

社内販売のお姉さんも来てはくれますが、すぐに来てくれるとは限りませんので。

私が乗車した時は、木古内駅を過ぎてからお姉さんが来てくれました。

前もってビールを買いそびれてしまったので、お姉さん待ちで、ビールを手にするまでとても長く待った気がしました。

 

新函館北斗駅から新青森駅までは、全体的に1割以下の乗客でとても空いていました。

しかし、全席指定席ゆえ、空いているからと言って他の席に座れないのが辛いです。

というのも、私の乗車した車両は新函館北斗駅出発時には、10人も乗車していませんでした。

 

私は窓際で2列シートの側を予約しました。

しかし、私の席の隣の通路側席のおじさんが、新函館北斗から東京までずっと一緒に座っていたのです。

他に2人一緒に座っている人はいませんでした。

すごくユウウツでした。

トイレに行くのにも面倒です。

 

盛岡駅や仙台駅から乗車される方が多く、その時点で全席満席になりましたが、車内はほぼ男性ばかりのようです。

 

社内販売のお姉さんもなかなか来てくれません。

車内販売は、新青森駅到着前までに1回、そのあとのビール追加は盛岡駅到着前くらいまでにしておこうかなと思いました。

 

その後、少し寝て、ほろよい加減で東京駅到着です。

飛行機のように、歩いたり面倒臭さなどもないので本当に便利だと思いました。

北海道新幹線車内-Googleマップ

 

今回の旅行で確認したのは、交通機関利用はすべてそうでしょうが、北海道新幹線もまた、全席指定なので必ず早めの予約を取ることが重要ですね。

もし、乗車できない場合は1回までなら、無料で指定席を変更することができます。

予約さえできれば、空港のように保安検査やら面倒なことが無く、すぐに乗ることができて便利です。

車内販売のお姉さんはなかなか来てくれないこともありますので、お弁当や飲み物は函館駅改札を入るまでに購入しておくと良いですよ。

 

 

 - 旅行

スポンサードリンク



スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

魅力たっぷりの島 香川県小豆島

瀬戸内海は穏やかで温かいイメージがありますが、そんか瀬戸内海で淡路島に次いで2番 …

海を愛するみなさま 三浦へようこそ!

海と言えば、三浦海岸を思い出す方も多いでしょうが、海水浴以外の良いところもたくさ …

日本最古のアットホームな魚津水族館

富山県魚津市にある魚津市立の魚津水族館。 「ダイバーによる富山湾大水槽お食事タイ …

瀬戸内海に面する瀬戸内市の魚貝グルメ

瀬戸内海に面する岡山県瀬戸内市、この市は岡山市の東隣でありベッドタウンにもなって …

長崎市のオススメ観光地とグルメ

佐賀と熊本の間に位置し県の花に「雲仏ツツジ」を指定している長崎県は、五島列島がふ …

料理と温泉を楽しみたいなら石川県の山代温泉がゲキ押しです

石川県の山代温泉に母と2人で旅行をした時の体験談です。 温泉地として知られる山代 …

四国の玄関口 香川県の観光地を巡りました

  四国の玄関口とも呼ばれる香川県ですが、私が行った場所や、感想、地元 …

北海道といえばラベンダーと美味しい食べ物の宝庫

北海道旅行といえば私にとって富良野のラベンダーを見に行くことは外せないことです。 …

2泊3日の小倉・門司・大宰府旅行

昨年2015年10月、東京から九州へ2泊3日の主に新幹線・電車を利用した旅行です …

川・運河・お堀から遊覧船で町並みと風景めぐり

普段は脇から見下ろしている川、運河、お堀、そこから一段下がった目線で周りを見るこ …