ソニーブログ

趣味、旅行から健康、スポーツ、自然、歴史、動物など生活雑事に関して紹介します。

*

東京湾岸の若洲海浜公園でアウトライフを満喫

   

寒い冬が去っていき春のアウトドアシーズンがやってきました。

東京も花見時期にはいり、屋外でのレジャーも楽しみですね。

まだちょっと風にあたると寒いけど、海と街の景観を見に江東区の若洲海浜公園に出かけてみてはどうでしょうか。

東京ゲートブリッジ

 

若洲海浜公園は東京湾岸につくられたゴミの埋立地として誕生しました。

その後、海浜公園として整備され、2012年には東京ゲートブリッジも開通。

東京湾と「東京ゲートブリッジ」、そしてブリッジの下から富士山も見え、夕日と夜景も最高です!

そんな場所には、ゴルフ場やキャンプ場、サイクリングロード、子供たちの遊具広場などある多目的広場、防波堤と人工磯の海釣り施設などがそろい、家族や友達を誘ってアウトライフが楽しめるところです。

画像元:海上公園なび 若洲海浜公園&江東区立若洲公園

 

楽しいテント泊もでき、バーベキューもできる公園のキャンプ場は利用料金が安く、1泊2日(11時~次の日の10時まで)で大人1人600円、子ども1人300円、普通車の駐車料金は1回500円で24時間利用も可能です。

一泊増えるごとに大人1人300円、子ども1人150円の追加料金となりますが、サイクリングや散歩などして1日がアッという間です。

(1泊2日の夜21時までの利用や2泊3日の朝10時までなら、大人1人900円、子ども1名450円)

画像元:海上公園なび 若洲海浜公園&江東区立若洲公園

 

サイクリングロードは多目的広場からキャンプ場を通り、人工磯の海岸を横目に埠頭をぐるっと回ってテトラポット敷きの海岸沿いを北上すると、突き当たりにある展望台まで続きます。

レンタルもあるので手軽にサイクリングできますよ。

この若洲海浜公園の南東角周辺は、東京湾と「東京ゲートブリッジ」、富士山、夕日、夜景が絡み合ったの写真撮影のスポットになっているようです。

釣りの好きな方には、防波堤の柵ごしからやゴロゴロした石と人よりも大きな岩石で造った人工磯からの投げ釣りやウキ釣り、サビキ釣り、ルアーもいいですね。

マハゼやセイゴ、メバル、クロダイ、スズキ、アイナメ、カサゴ、小アジなど年間を通して釣りが楽しめます。

釣具は有料のレンタルも利用できます。

東京ゲートブリッジの右側(上)、左側(下)

東京ゲートブリッジの下に伸びる防波堤

 

釣り場は公園の南端で、料金無料、「東京ゲートブリッジ」を挟んで右側は柵ごしに投げる釣り、左側は足場が悪いですがアウトライフ感がより楽しめる磯釣りができます。

東向きのテトラポット敷きの海岸は釣りは出来ませんので注意してくださいね。

◇  ◇  ◇  ◇

 

 

 - ライフ

スポンサードリンク



スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

独身時代 / 毎日のお菓子作り!

当時は定時で仕事から帰ることが出来たので、時間があり、毎晩お菓子を作るのが最大の …

クエン酸とミトコンドリアのこんな関係

  私たちの体をつくっているのは驚く数の細胞です。 その数は37兆個。 …

全国の主要花火大会の日程日・時間・打上げ本数–西日本2016

北海道から沖縄までの全国の主要花火大会の開催地、日程、時間、打上げ本数を書きなら …

新潟の人気グルメを堪能しました

新潟県は、幕末から明治中期ころまでの一時期は、人口の多さ(一極集中ではなく)から …

初めての角サン

1937年に発売だそうですが、私が角瓶と出会ったのは1970年、京橋というスナッ …

夏バテの原因は生活習慣-知らないと損する夏バテを乗り切る方法

夏バテとは、高温多湿な日本の夏に身体がなんとか対応しようとしてしきれなかった結果 …

毛ガニとズワイガニとタラバガニと花咲ガニを安くおいしく食べる

日本の3大カニは、毛ガニ、ズワイガニ、タラバガニですが、それに花咲ガニをくわえて …

お酒は魅力 失敗しても思い出になれば

私はお酒が大好きです。 けれど、好きすぎて失敗してしまうこともある、と言うのは珍 …

固形石鹸と液体石鹼の洗浄力の違い

日常的に使っている石鹼は、固形状や液体、泡状がありますが、それらの性質を調べてみ …

日本は水の国 美味しい水道水の地域はたくさんあります

水道水には、「トリハロメタン」「ダイオキシン」「鉛」の3つの成分が主に含まれてい …