ソニーブログ

趣味、旅行から健康、スポーツ、自然、歴史、動物など生活雑事に関して紹介します。

*

トイレの天井隅にクモの巣が・・

      2019/06/09

「クモ」って嫌う人が多いですね。

屋外や物置小屋で遭遇するのならまだしも、屋内のソファや寝床でみかければゾクゾクッとするでしょう。

窓やドアを閉めていても、小さな隙間からでも「クモ」は入ってきます。

室内のカーテンやその床下などには「イエユウレイグモ」という足の長~いクモをよく見かけると思います。

我が家でも先日、トイレの天井隅を見上げるとクモの巣が垂れ下がっていて、捕食後のもののようで、巣というよりゴミと糸が垂れているようでした。

 

 

室内は食べ物のカスやホコリなどがたまり易く、ダニや小バエ、蚊、蛾、ゴキブリなどの害虫がエサを求めて侵入してきます。

「クモ」はそれら小さな虫やゴキブリ、その幼虫などをエサにして、害虫駆除をしてくれます。

 

国内の「クモ」は、ほとんどが毒を持っていますが、ごく微弱な毒性しかありませんので人体には影響なく、見た目は気持ち悪いですが、害虫のお掃除屋さんとして大いに働いてくれています。

共存はとても無理でも、そっとしておけば有益大のようです。

 

そんな「クモ」もみんなの嫌われ者。

部屋をいつもきれいにしていれば「クモ」の侵入も少なくなるでしょうが、春になり暖かくなると窓の開け閉めなどが多くなり、どうしても小さな虫の出入りも多くなり、「クモ」もまた頻繁に入ってくるでしょう。

室内に出回る「クモ」の半分くらいは徘徊型といわれる、巣を張らずに動き回ってエサの虫を捕食するタイプです。

この徘徊することも嫌われ者のひとつの要素なのでしょう。

 

 

 

室内でよく見かける「クモ」は3種類

( イエユウレイグモ )
部屋の隅やカーテンなどによく見かけ、ちょっと動きは遅いのですが、家のスミや暗い所にひっそりと潜んでて、長い糸のような足で歩く姿もフラフラと歩き、あたかもユウレイのよう。

巣を張って捕食する。

画像元:Wikipedia

 

 

( アシダカグモ )
体長10~30mmまで大きく、足を広げると100mm~130mmくらい。

大きい体格でゴキブリも捕食しますが体に似合わず少々臆病で、エサとなる害虫がいなくなると家から出ていきます。

巣を張らず歩き回って捕食する徘徊型のクモ。

 

 

( ハエトリグモ )
体長は小さくて1cm程で動きは素早く、ピョンピョンとジャンプしてエサを捕食したりします。

見た目はかわいいかも?

巣を張らず歩き回って捕食する徘徊型のクモ。

 

 

クモは天気のよい朝にクモの巣を張るので、晴れた朝にクモの巣のクモをみつけたら縁起のいい一日だと昔から考えられていたそうです。

わたしも子供のころ、親やおじいちゃん、おばあちゃんから「朝のクモは今日一日我が家を守ってくれるから殺してはダメ、気になるなら外に出してあげなさい」、「夜のクモはドロボウだから退治しなさい」などと教えられて、迷信と分かっていても今だ教えを守っています。

 

気味悪い「クモ出没」がどうしても気になる方は、殺虫剤「クモの巣消滅ジェット」や、凍らせて駆除する殺虫スプレー「凍殺ジェット」を使ってみたらどうでしょう。

 

 

 - ライフ, 動物, 自然

スポンサードリンク



スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

没になった数多くのタワー構想

半世紀ほど前、東京タワーが出来て10年たらずで、関東圏には新しい電波塔若しくはタ …

私の趣味活動 今ネット囲碁にハマッています

私の趣味はネットでオンラインゲームを楽しむことです。 様々なゲームを楽しんでいま …

スーツの簡単家庭クリーニング方法

いつも着用するスーツは。たいていシーズンいっぱいは着つづけがちですが、基本的にス …

2018 北海道一周ライド/自転車で北海道ぐるっと一周

7月2日から9区間を22日間で2400kmを自転車で走る「北海道一周ライド」が始 …

佐賀県のおすすめは北部が穴場!

佐賀県に1年間住んでいたことがあります。 その前は福岡。 そのときにも佐賀にはひ …

カラスを知って仲良く共生できないでしょうか

  カラスの寿命は10年から30年で、人に飼われていたカラスには60年 …

レモン効果で健康生活

良いレモンの見分け方/ 皮がツルツルしていてハリがあり先がとがっていないものが果 …

日本のロケット開発 試行錯誤の生産と成功への歴史

  日本の宇宙開発 日本の宇宙開発は、1950年代の半ばに糸川英夫が大 …

南極の氷は減ってるの?増えてるの?

南極大陸は1億6000万年前にアフリカ大陸と分離。 4000万年前にはオーストラ …

一年のユニークな記念日と祝日

  TOP 一年365日の間には、祝日は15日あり、おもしろく興味深い …