ソニーブログ

趣味、旅行から健康、スポーツ、自然、歴史、動物など生活雑事に関して紹介します。

*

アメリカ人気番組 ミステリー・ゾーンの不思議な世界 PartⅩ

      2017/11/30

トワイライトゾーンとは、「不可思議」や「超常現象」が起こる場所などを指す造語です。

「昼」でも「夜」でもない曖昧な時間帯である「夕暮れ時」を「怪異が起こる時間」という意味に使いました。

今回の PartⅩは3話を紹介します。

 

「ミステリーゾーン」Ⅹ (トワイライトゾーン)
アメリカで5年間151回も続いた大人気番組です。

 

31話.水爆落ちる

お金持ちのポール・レーディンは偏屈で単純な男。

しかしニューヨーク地下100mに防空壕を作りある計画を練っていた。

レーディンは防空壕に高校生の時の担任ラングスフォード先生と兵隊の時の上官ゴーソン大佐、そしてヒュー牧師の3人を招待する。

3人は、なぜ呼ばれたのかとレーディンに問うた。

レーディンは3人に受けた屈辱を恨んでいたと話す。

しかしラングスフォード女史は、レーディンが高校生の時にカンニングをし、それを注意したら友達に罪をなすりつけようとしたので退校させられたと明かす。

大佐はレーディンが攻撃命令を無視したために、上官命令の拒否で軍法会議にかけられたと話した。

 

そしてヒュー牧師はレーディンは娘を自殺に追い込んだために評判を落としたのだと、レーディンが主張するような名誉は汚していないと反論する。

大佐が外へ出ようとすると、レーディンは政府の高官に知り合いがいてもうすぐ水爆が落とされ世界がなくなると話し出した。

この防空壕にいれば安全だと。

そしてレーディンは自分で仕掛けた軍が避難するように指示するウソの放送を流し3人を追い込み、自分に土下座し謝ればここにおいてやると言う。

しかし3人は、人生の最後にあなたと居たくないと言いい3人は地上へと出て行ってしまう。

もくろみがはずれたレーディンは、自分が仕掛けた物を壊すが、外で大きな音を聞く。

 

外に出て見るとニューヨークは焼け野原、生存しているのは自分だけ。

水爆なんて起こるはずもないのになぜ?

気がつくとレーディンは自分のビルの前で気が触れてうずくまっていた。

そうなのだ水爆なんて投下されていない。

レーディンは独りになった幻を見ていたのだった。

 

 

32話.死人の靴

車から路地に死体が捨てられた。

浮浪者ネイトはその死体からカギと派手な靴を盗む。

靴を履いたネイトは導かれるようにあるアパートにたどり着き、部屋の鍵を開けた。

部屋の中には女がいたが、ネイトは悪びれることもなく部屋に上がり込んだ。

女はその靴はダンのものだと言い、どうしてその靴を手に入れたのか問いただした。

ダンの服に着替えようとしたネイトは靴を脱ぐ。

すると普段のネイトに戻り、知らない部屋に入り込んでいる自分に戸惑う。

女は拳銃を手にし、ネイトに靴を履いて出て行くように言うとネイトは靴を履いた。

するとまたネイトは人が変ったように強気になる。

ネイトはダンの服に着替え、あるバーへと行く。

ネイトはテキーラに砂糖と注文する。

それを聞いた客のバーニー・ダケットは驚く。

ネイトはバーニーの顔を凝視する。

バーニーに呼ばれたネイトは秘密の話しがあるとバーニーの事務所へ行き、じゅうたんにあった血の染みがないことを指摘する。

バーニーの手下がネイトを撃とうとしたが、ネイトは反撃し手下はネイトに撃たれる。

しかし、もうひとり隠れていた手下にネイトは撃たれるが、死ぬ前に「何度も来て必ず殺してやる」と言葉を残した。

ネイトの死体は路地に捨てられた。

ネイトの浮浪者仲間だった男がネイトの死体から靴を盗んでいった。

 

 

33話.嵐の夜

第一次大戦後ヨーロッパを旅行していたデビッド・エリントンは嵐の夜、道に迷い僧院に助けを求めた。

しかし神父はエリントンを追い返そうとする。

雨に濡れたエリントンは倒れてしまい、僧院で休ませてもらうことになる。

気がついたエリントンが僧院の中を歩いていると牢屋の中に囚人がいた。

男はエリントンに出してくれと助けを求めた。

男はここの神父は皆、地獄の人達だと言う。

神父に囚人の話をすると、閉じ込められている人は居ないと言う。

エリントンが警察に行くと聞いて、神父は本当のことを話す。

あの囚人こそ5年前に現れた悪魔の化身だというのだ。

エリントンは信じない。

戦争が終わったばかりで町は混乱していたが、この近くの村だけは平和に暮らしていた。

悪魔にとってはそれに腹が立ち、村にやって来て腐敗せようとしていたところを僧院に閉じ込めたのだという。

 

しかしエリントンはまだ信じられず、囚人を牢屋から出してしまう。

囚人は悪魔の本性を見せ、どこかへ消えていってしまった。

悪魔は第二次世界大戦も起こし、エリントンはあれから悪魔を捜していた。

そうしてようやく捕まえた悪魔を自分の家の部屋に閉じ込める。

メイドには決して開けるなと言って神父を呼びに出かけたが、メイドはドアを開けてしまった。

バックナンバー
( PartⅠ)
( PartⅡ)
( PartⅢ)
( PartⅣ)
( PartⅤ)
( PartⅥ)
( PartⅦ)
( PartⅧ)
( PartⅨ)
( PartⅩ)

 

 

 

 - ストーリィ

スポンサードリンク



スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

アメリカ人気番組 ミステリー・ゾーンの不思議な世界 PartⅣ

トワイライトゾーンとは、「不可思議」や「超常現象」が起こる場所などを指す造語です …

アメリカ人気番組 ミステリー・ゾーンの不思議な世界 PartⅨ

トワイライトゾーンとは、「不可思議」や「超常現象」が起こる場所などを指す造語です …

コウノトリとホンワカな昔話

コウノトリは、全長約110~115cm、翼開長160~200cm、体重4~6kg …

アメリカ人気番組 ミステリー・ゾーンの不思議な世界

「世にも不思議な物語」から、「あなたは、いまから10分以内に電話のベルが鳴るんじ …

アメリカ人気番組 ミステリー・ゾーンの不思議な世界 PartⅧ

トワイライトゾーンとは、「不可思議」や「超常現象」が起こる場所などを指す造語です …

広島の花咲じいさん

はあ だいぶむかしのことじゃが、あるところにのぉ、優しいお爺さんが住んどりんさっ …

アメリカ人気番組 ミステリー・ゾーンの不思議な世界 PartⅡ

トワイライトゾーンとは、「不可思議」や「超常現象」が起こる場所などを指す造語です …

今日の民話は「とうふとおみそのけんか」

  むかしむかし、おとうふとおみそは、けんかばかりしていたそうな。 あ …

アメリカ人気番組 ミステリー・ゾーンの不思議な世界 PartⅢ

トワイライトゾーンとは、「不可思議」や「超常現象」が起こる場所などを指す造語です …

アメリカ人気番組 ミステリー・ゾーンの不思議な世界 PartⅦ

トワイライトゾーンとは、「不可思議」や「超常現象」が起こる場所などを指す造語です …