Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/tafusoni/tafusoni.xsrv.jp/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

ソニーブログ

趣味、旅行から健康、スポーツ、自然、歴史、動物など生活雑事に関して紹介します。

*

2泊3日の小倉・門司・大宰府旅行

      2017/11/30

昨年2015年10月、東京から九州へ2泊3日の主に新幹線・電車を利用した旅行です。

高校の修学旅行から約15年ぶりの九州旅行、自らプランをたて行きたいところへ行く、という旅行に非常に心が躍りました。

門司港周辺、小倉、大宰府をめぐったときのことです。

1日目東京~門司港、小倉泊、2日目小倉発~大宰府、博多、小倉泊、3日目小倉駅周辺散策~東京へ戻る、というプランで巡りました。

%e6%96%b0%e5%b9%b9%e7%b7%9a%e3%81%ae%e3%81%9e%e3%81%bf

新幹線福岡行きのぞみ  画像元:フォトック

1日目、新幹線で東京駅からのぞみに乗って新小倉駅へ。

朝7時ごろの出発だったでしょうか、東京駅のグランスタで朝食に浅野屋のパンとアイスコーヒーを買って新幹線に乗り込みました。

約5時間の乗車時間ですので、キオスクで雑誌を1冊買うことも忘れずに。

ここから、旅が始まっているという気が盛り上がります。
楽しい旅の始まりです。

5時間後、小倉に到着。

小倉駅でまずロッカーに荷物を預けてから、鈍行で門司港へ向かいました。

門司港、大正時代の雰囲気が味わえるレトロな港町です。

門司港駅に降り立った瞬間、なんだか懐かしい雰囲気。

レトロな看板、重厚な作りのトイレなどと雰囲気があります。

%e3%83%ac%e3%83%88%e3%83%ad%e3%81%aa%e6%b8%af%e7%94%ba%e9%96%80%e5%8f%b8%e6%b8%af

レトロな港町門司港 画像元:フォト蔵

そこから歩いて向かえる場所に旧門司税関、旧門司三井倶楽部、と以前門司が貿易港としてにぎわっていた時代の名残を感じることができました。

「国際友好記念図書館」というところにも足を運びましたが、こちらはアジアの国々の関連書物が置いてある図書館です。

中国や韓国の書籍が多いのですが、大変閑静で、もしこの付近に住んでいたら通って蔵書に目を通したいな、と思える素敵な場所でした。

この日は一日中門司を散策し、商店街をめぐるなど大変楽しめました。

%e6%97%a7%e9%96%80%e5%8f%b8%e7%a8%8e%e9%96%a2

旧門司税関 画像元:フォト蔵

2日目は、大宰府へ。

こちらは太宰府天満宮が有名ですが、もうひとつ「九州国立博物館」という日本最大級の歴史系博物館があるのです。

大陸とのつながりを感じられる所蔵品をたくさん見られる、と勇んで大宰府へ向かいましたが、電車を降りてまず目に入ったのは「博物館休館」の大きな看板。

めったにないのですが、なぜか私が行った日は特別な休館日だったのです。

ものすごくがっかりしましたが、何とか気を取り直して大宰府天満宮へ。

%e5%a4%a7%e5%ae%b0%e5%ba%9c%e5%8f%82%e9%81%93

大宰府参道 画像元:フォト蔵

参道には美味しそうな和菓子やみやげ物やがたくさん。
これが参拝の醍醐味です。

梅が枝餅、という焼餅がこちらの名物、もちろんいただきました。

%e5%a4%a7%e5%ae%b0%e5%ba%9c%e5%90%8d%e7%89%a9%e6%a2%85%e3%81%8c%e6%9e%9d%e9%a4%85

大宰府名物梅が枝餅

また、こちらの参道には、スペシャルな建築のスターバックスコーヒーがあることも有名です。

日本を代表する建築家隈研吾さんデザインのスターバックスコーヒーがあるので、こちらも一見の価値があります。

歩いて疲れた足をこちらで休めるのもいいです。

この日は大宰府から博多へ移動し、博多の屋台で夕飯をいただきました。

%e5%a4%a7%e5%ae%b0%e5%ba%9c%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%92%e3%83%bc

大宰府スタバ  画像元:太宰府天満宮 観光・参拝ガイド

3日目はもう帰宅。

小倉に宿をとっていたので、商店街をゆっくり散歩して出発の時間まで過ごし、3日間の九州旅行は幕を閉じました。

3日間の九州旅行、大変楽しめました。

電車でめぐりましたが、博多の大都会から各都市に向かう途中の静かな地域まで、九州というのがどんなところなのか感じることができます。

また、それぞれの地域をめぐり、思ったのは大陸との近さ。

1日目に行った図書館に韓国や中国の書物が多いのは、門司が日本の中でもそれらの地域に近い場所だから。

実際にこの地域を歩く観光客の多くは中国語を用いていたり、韓国からの方であったり、九州に大陸から宝物や人の流れが多かったのに納得しました。

今回の旅では九州国立博物館にいけなかったので、ぜひまたリベンジしたい。

そして、南九州も回ってみたい、と強く感じました。

九州、いいところでした!必ずまた行きます!

 

 

 

 - 旅行

スポンサードリンク



スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

大人になって 親兄弟との家族旅行

5年ほど前に父が大病を患い、2か月ほど入院しましたが幸いなことに退院できて今現在 …

さっぽろ大通公園とうきびワゴン2017 夏に向かってこれから本番

幅105m、長さ1.5kmの大通り公園は年中、さっぽろ市民や観光客たちの憩いの場 …

北海道はこんなに大きく広かった

北海道は日本全国土の約4.5分、183454km2の面積があり、540万人(20 …

知床の隠れ温泉 秘湯「熊の湯」

知床といえば「世界自然遺産」。 自然の豊かさはもちろんのこと、野生動物に遭遇する …

青森の恐山 興味と不安/人が多いと安心です

私は怖いもの見たさで、オートバイで青森県の恐山へ行ったことがありました。 ただ、 …

憧れの場所 鎌倉に行ってきました

日本で初となる武家政権「鎌倉幕府」誕生の地である、鎌倉。 京都や奈良などに並ぶ古 …

さっぽろテレビ塔のスカイラウンジ屋上からダイブ!

さっぽろテレビ塔のスカイラウンジ屋上からダイブ! 今年で開業60周年を迎え、その …

京都旅行ならぬ「京都苦行」下調べは入念に…

とある年の11月、回ったつもりでいた京都の社寺の中で、平等院と醍醐寺にはまだ行っ …

東北旅行 母との思い出の旅

母との旅の思い出は私の独身時代、苦労をかけた母への恩返しのつもりで、毎年、様々な …

瀬戸内海の見える遊園地 鷲羽山ハイランド

瀬戸内海の見える遊園地 鷲羽山ハイランドは岡山を代表する老舗の有名な遊園地です。 …