ソニーブログ

旅行、趣味、生活雑事などをブログで紹介していきます

*

港町小樽の三角市場は新鮮安くて 海鮮丼がうまい

      2017/11/30

三角市場2 引用元 Googleマップ

国道5号沿いの三角市場入口   引用元: Googleマップ

小樽三角市場の名前の由来は、土地と屋根が三角の形をしていることからつけられました。

昭和23年頃、小樽駅前において7〜8軒の露天商がお店を出したのが始まりです。

その後、出店者が相次ぎ、近郊地域の石狩地方や後志地方、遠くは上川地方や日高地方から、来客はもとよりも買出しに訪れる人々で賑わいをみせ、50年以上の歴史をもつ朝市として発展しました。
(引用元:小樽三角市場より)

 

三角市場 引用元 Googleマップ

小樽駅側の三角市場入口   引用元: Googleマップ

小樽三角市場は小樽駅と国道5号線の間に位置しています。

小樽駅から徒歩2分の三角市場は安いし、店員さんとの値引き交渉もできる庶民の市場です。

地元の方はもちろん、札幌方面や観光客の方々も多数来られています。

 

小樽三角市場内   引用元: 小樽三角市場

小樽三角市場内   引用元: 小樽三角市場

全長200メートル、横幅2メートル程の細いなだらかな坂道に、通路を挟んで両側に16店舗の店が並んでいる小さな市場です。

 引用元: Googleマップ

引用元: Googleマップ

カニやウニ、ホタテや魚の海産物はもちろんのこと野菜、くだもの、日用品も買えるので普段のお買い物や、お土産を選ぶ時にも大変便利ですね。

市場内には6店のお食事処があり、新鮮そのものの海鮮丼が食べられます。

この市場で買った海産物や野菜などを、その場で調理してもらうオリジナル丼も可能のようですよ。

営業時間は朝7時から夕方5時までです。

また、農産物では5月頃から夏にかけてグリーンアスパラの旬をむかえます。

北海道産は太くて甘い、先から根元までやわらかく、火であぶって食べるだけでもいっそう甘みがでて旨いです。

市場は年中無休、小樽市内では市場としては此処だけのようです。

滝波食堂さんの海鮮丼

滝波食堂さんの海鮮丼  引用元: 小樽三角市場

これを見てください、滝波食堂さんの海鮮丼です。

生唾ゴックン、よだれがでそうですね。

滝波食堂さんの右側が「うに・いくら・かに・サーモン」わがまま4品丼  2,300円、左側が「うに・かに・活ほたて」わがまま3品丼1,800円です。

 

 

 

 

 - 旅行

スポンサードリンク



スポンサードリンク



Comment

  1. 中島弘正 より:

    竹田も滝波も画像は良いがお茶碗見たいな器で満足感なし‼両者に行って食べたので間違い無し‼特に竹田はヒドイ❗場外の丸味屋か、最近できたらしい満腹亭の方が良心的❗満腹亭は若いにいちゃん達が4ー5人居たが丼の大きさが違うし料金が安い‼一度は行っても文字通り満腹に成った。妻が頼んだ三色丼は敢えてごはんが少なく成って居た。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

地元に愛されている山の中の野天風呂「熊の湯」

北海道知床羅臼川畔に秘湯と言われ、地元の有志の方によって作られた露天風呂「熊の湯 …

さっぽろ二条市場はカニ ホタテ イクラ ホッケなど新鮮で美味しい

  南北に流れる創成川の東側に二条市場が、西側には狸小路が西方向に続い …

ストリートビュー 「富士五湖の沿道から湖面を通して富士山を見ました」

Googleでストリートビューして、富士五湖沿いの県道から見える富士山を探してみ …

佐賀県の武雄市 地味でもそこには日本の原風景が!

地味であまり知られていない佐賀県ですが、福岡県と長崎県そして玄界灘と有明海に挟ま …

忘れられないフェリー北海道旅行

数年前の10月のことです。 数年ぶりにフェリーを使って北海道へ旅行をしました。 …

魅力たっぷりの島 香川県小豆島

瀬戸内海は穏やかで温かいイメージがありますが、そんか瀬戸内海で淡路島に次いで2番 …

長崎ハウステンボスの魅力はイルミネーションだけじゃない

九州といえば食がおいしいで人気の福岡や、くまもんのいる熊本が有名ですが、是非一度 …

歴史の流れを感じる北九州市門司地区

私は福岡県内にある北九州市小倉南区に住んでいます。 同市内の門司区にある観光名所 …

千葉県民には普通 他県民にはビックリ!の話

わたしは転勤で他県から千葉県に引っ越ししてきました。 すると「何それ!?」と驚く …

新潟の人気グルメを堪能しました

新潟県は、幕末から明治中期ころまでの一時期は、人口の多さ(一極集中ではなく)から …