ソニーブログ

趣味、旅行から健康、スポーツ、自然、歴史、動物など生活雑事に関して紹介します。

*

マイナスイオン発生 「森林浴のすすめ」と効果

      2023/05/18

森林浴1
5月の新緑から、香り漂う森林は6月から8、9月がいちばんで、マイナスイオンも多く発せられる時期です。

森や緑の多い公園を散歩するのはいい季節ですね。

森林浴がすがすがしく感じるのは、フィトンチッドの効果によるものと言われています。

フィトンとは「植物」、チッドとは「他の生物を殺す能力を有する」を意味で、「植物からでる揮発成分は殺菌作用がある」と言うような意味になります。

フィトンチッドとは植物から発散されるテルペンと呼ばれる揮発性物質で、植物自身の生命維持や、自らの成長を促すために、フィトンチッドを幹や葉から大気中に放出しています。

森林浴4
地球上の全植物から放出されるフィトンチッドの量はおよそ1億5000万トンにおよび、それは全世界の工場排煙や自動車排気ガスなどの6倍にもなると言われています。
このテルペンなどが部分酸化する際にマイナスイオン物質が発せられます。
この揮発状態のテルペン等を浴びることを森林浴といい、最近は都会の中にも、ずいぶんと私たちの中に定着してきています。

森林浴2

 

マイナスイオン発生といわれる商品

○放電、帯電により発生させる装置
○天然鉱石(トルマリン鉱石等)
○木炭、竹炭
○観葉植物(サンセベリア等)
など沢山のマイナスイオン健康商品が販売されてますね。

また精油としてはアロマオイル、エッセンシャルオイルなど数多く販売されてます。

アロマオイル(ローズマリー)、エッセンシャルオイル

アロマオイル(ローズマリー)         エッセンシャルオイル

 

マイナスイオンによる効果

○害虫除け
○有害菌の不活性化
○消臭効果
○精神安定効果(リラクゼイション)等

森林浴3

 

森林浴による効果

○大脳皮質を活性化し調整力を高める
○高血圧を抑制
○神経系の緩和
○皮膚病・呼吸器系疾患の改善
○アレルギー性疾患の予防、回復等

水蒸気蒸留などして得られる精油(テルペン類)の量は季節により変動しますが、6月から8月にかけてどの樹種も精油量が多く冬は少なくなっています。
精油量
森林内の大気中のテルペン濃度も春から夏にかけて多くなり、空気が新鮮でおいしいと感じます。

森林の中でほのかに匂うテルペンの香りが疲れた体をいやし、安らぎを与え、すがすがしい気分にしてくれるでしょう。
(引用元:フィトンチッドと森林浴について)

 

 

 

 - ライフ, 健康, 自然

スポンサードリンク



スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

北海道の地が生んだクッキー 白い恋人

白い恋人は北海道を代表するお菓子です。 サクサクで口中で溶けるような食感のクッキ …

家庭菜園をするための心構えと注意ポイント

まず家庭菜園で作るなら、何を作るのか考えないといけませんね。 野菜によっては簡単 …

海の水はしょっぱい‥なぜ?/今の海と塩湖は

海の水はなぜしょっぱいのか? あたりまえに思っていたことも、よく分からないことの …

個人用飛行装置 ジェットエア vs. ジェットボード

  ひとり単独で宙に舞い上がることは、夢の中では可能ですが現実では不可 …

初めてパッションフルーツを作ってみました

パッションフルーツを育てた経験について紹介したいと思います。 パッションフルーツ …

ビール缶を1/4につぶす方法

ビールの飲んだ後のカンはゴミとしてリサイクルに出すにしても、非常にかさばります。 …

初心者におすすめの家庭菜園 豆苗&バジル

野菜の価格が高くなっている今、家庭で栽培できるものは試してみたいと思い、いくつか …

キャベツの千切り方法

春キャベツは、柔らかく巻き込みがゆるいものを、 冬キャベツは、しっかり巻き込んだ …

クエン酸とミトコンドリアのこんな関係

  私たちの体をつくっているのは驚く数の細胞です。 その数は37兆個。 …

陶芸作りに挑戦 充実感あふれる作業

陶芸製品は身近に接する事が多く、家には必ず置いてあるほど欠かせない存在です。 湯 …