ソニーブログ

旅行、趣味、生活雑事などをブログで紹介していきます

*

アビシニアンとソマリを飼って幸せな気分

      2018/04/12

アビシニアンは、レッドのつややかな毛並みのスラっとした美人な猫で、キレイな鈴の音のような鳴き声で甘えん坊です。

 

ヤンチャなとこもありカーテンはのぼるし、網戸にものぼる。

長い尻尾を上品に前足に添えて座っている姿はなんとも優雅です。

 

1歳を過ぎたぐらいからヤンチャな所も落ち着いて、ただただ甘えん坊な可愛い猫になり、楽しい猫ライフを過ごしていました。

 

ソマリは、昔から好きな猫で、本来は毛長の猫が好きで、アビシニアンのツルッとしたつややかな毛並みは何だか少しだけ物足りなさを感じていたのです。

もさもさの毛をワシャワシャとするのが気持ちいいんですよね。

 

 

アビシニアン1
アビシニアン(アビちゃん)は女の子で2歳。

甘えん坊で手もかからない猫ライフを送っていて、段々アビちゃんの子どもが欲しいと思ってしまったんです。

 

お年ごろということもありお婿さんを探して、同じアビシニアンがいいかなと思っていたところ、ある日、近所のペットショップで無愛想なソマリの男の子と目があったんです。

 

アビちゃんと同じ品種らしいと何かで見たことがあって、そういえば何だかアビシニアンと顔つきが似ているなとしばらく見つめていると何だか直感でこの子がうちの子になる気がして、しばらくペットショップに通い始めたのでした。

 

このソマリくんはいわゆる売れ残りの子らしくもうすぐ1歳。

狭いガラスのケースに、で~んと伸びてそっぽを向いていました。

いつ見ても。

 

目が小さくてやたらでかい体つきで、長い毛のおしりにはいつもウンチがついていて、何でこんなに可愛いとは言えない猫なのに気になるんだろ?っと自分でもよくわからないけど、

一週間目についに店員さんに「この子見せてもらっていいですか」と抱っこさせてもらいました。

 

店員さんいわく、「こわがりで、すぐ逃げようとするので音をたてないようにしてくださいね」。

でっかいけど毛はふわふわで柔らかい、おしりの毛にウンチがついてるけど、

まっ、いいか。

 

もさもさの長い毛、この感触いいわーとワシャワシャしていると、怖がりというのは本当で、びくびくして逃げようとするが顔をうずめてかわいい。

店員さんにこのソマリくん買います、と購入手続きをしてしまいました。

 

 

ソマリ1

それから一週間後、ついにお家に来たのです。

アビちゃん、ゲージに入ってるソマリくんに、「シャー!シャー!」と威嚇。

 

まあ、これは予想範囲だから、少しずつなれていってほしいなと、その日は、ソマリくんはゲージで過ごしました。

 

アビちゃんよりひとまわりはデカイ、ソマリくんは毎日、アビちゃんに「シャー!」といわれることに。

 

いずれは仲良くなるだろうという思いも通じず、1メートルぐらい近くに来たら「シャー!」。

なんだか、怒られて、寂しそうなソマリくん。

 

ソマリくんは超ビビリで、コトって音がしたら、大暴れで逃げ回るから、その勢いでアビちゃんに近づきすぎて「シャー!」じゃなくって「ジャー!」と怒られて、走り回るソマリくん。

 

もう、家の中は、ボロボロ。

やたら、あっちこっちで爪を研ぐソマリくん。

壁や、柱もボロボロ。

 

でも、かわいい猫たちの子どもができるまでの辛抱と、目を細めて、走り回るソマリくんと「ジャー!」と怒るアビちゃんと過ごしてきました。

 

 

あれからもうすぐ一年。

鈴を転がすようなアビちゃんの鳴き声は唸り声か「シャー!」が日常となり、ビビリのソマリくんは大分落ち着いてきたけど、アビちゃんに近づけずに走り回って寂しそうに鳴いている。

 

子どもができると安易に思った私が間違いでした。
何故かと言うと、ソマリくんは、男の子、マーキングが始まってしまい、ボロボロの部屋に加えて、キョーレツなアンモニア臭が加わりました。

 

ああ、毎日、仕事から返ってくると、どこからともなく、ツーンとした匂いがする、

ああ、またここにしているか…ああ仕方がないんだ、去勢していないんだから…わかっているけど、

ああ…

 

避妊手術も去勢手術もしていないから仕方がないないのだが、アビちゃんのさかりがきてもソマリくんを近づけさせないというアビちゃんの気高さにはびっくり。

 

すっかり怒りん坊になってしまて、いつも「シャー!」がきこえる。

 

ソマリくんは、なんというか、ブサ可愛いというか、私にベッタリになってしまって、

(アビちゃんに怒られるから)でかい体に似合わないような可愛い声で私に甘えるから、ますます、この子たちの子どもが欲しいとけど、マーキングだけは、困っています。

 

もちろん、完全に家猫なので、外の世界は、ベランダごしにしか知らない我が猫たち。

 

静かな時間を過ごしていたアビちゃんにはちょっと迷惑だったかもしれないけど、日差しがさす暖かい窓辺に、ちょっと距離をおいて伸びて寝ている二匹の猫達を見ていると、

なんだか、とっても幸せな気分になって、ずっとこのままでもいいかなって、マーキング跡を掃除する私の日常です。

 

猫との生活って、幸せです。




 

 

 

 - 動物

スポンサードリンク



スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

「ワンちゃん・ネコちゃん」 面白ペットグッズ 10選

2015年ころからペットのワンちゃんとネコちゃんの数がほぼ同数になり、今ではネコ …

猿も木から落ちる / 猿にも人と同じ感情が・・!?

「サルも木から落ちる」 という“ことわざ”があります。 木の上では悠々と自由に動 …

ペットを飼いたいけれども飼えない人 こんなペットはいかが!

ペットを飼いたいけれども、飼えない人は、多いのではないでしょうか。 住むところの …

猫グッツ8選 かわいすぎです

  1.ペットラバーズ うきうきニャンコ 白黒 ビーズ ストラップ 白 …

私の猫との出会い そして猫が与えてくれるもの

私が猫と出会ったのは、小学校3年生の時です。 私には姉が二人いますが、2番目の姉 …

ペットロスを乗り越えるには この方法で

家族の一員であるペットを失った時の悲しみから、立ち直る方法をご紹介します。 犬や …

ありがとう 愛犬を看取った経験

ライフスタイルや意識の変化によって、ペットの寿命がこれまでになく伸びています。 …

うさぎの島/広島県大久野島

動物好きならやっぱり、うさぎ島ともいわれる広島県大久野島をあこがれるでしょう。 …

もふもふな癒しの世界を求めて「猫カフェ」へ

現在、家でも猫を飼っているのですが、いかんせんツンデレであまりお触りをさせてくれ …

愛犬のしつけは「ほめてのばす」が一番

我が家の愛犬、シーズー(オス・9歳)のしつけについてご紹介します。 人と犬が共同 …