ソニーブログ

趣味、旅行から健康、スポーツ、自然、歴史、動物など生活雑事に関して紹介します。

*

ねこのケガに右往左往 やっぱり早い手当て

      2018/04/12

ペットの一大事 に何をしたらいいのか、飼い主なら知っておきたいことです。

病気、怪我、失踪といろいろありますが、ここで紹介するのは「ケガ」の場合です。

うちの猫。血統書とは無縁のミックス黒猫ですが、昨年末にケガをしてしまいました。

何をしたらいいか、何をしないほうがいいか、いざという時に知っておくのと知らないのとでは大違いです。

うちの猫が怪我をしてから治療を受け、治るまでのことを聞いてください。

黒猫1

うちの黒猫は、飼い主とはぐれてさまよっていたところを保護して、家で飼い始めて5年になります。

去勢手術を受けさせたので、けんかは弱いです。

家の庭に、よその猫が入ってくれば大きく迂回してそろりそろりと歩き、何かアクションを起こせば、自分の半分くらいの大きさの相手でも脱兎のごとく逃げます。

その黒猫が、去年の暮れにかなり大きなケガをして帰ってきました。

明らかに猫同士のけんかの傷です。

猫にはほかの消毒液は刺激が強すぎてよくないけどマキロンならOKと何かに書いてあったので、マキロンをつけてみました。

でも、膿みがどんどんひどくなるので、きっと後ろ足の爪で引っ掻いたせいでばい菌が入ったんだと思い、傷掻き防止のためにエリザベスカラーを買って着けさせました。

黒猫2

でも、いやがって見えない所ではずしていたので、ストレスになると思い、着けさせるのをやめました。

傷はふさがったかに見えましたが、二日後にはオタフク風邪ばりに頬が腫れてきたのです。

そこでようやく、これはただ事ではないと思い、動物病院へ。

診断名は膿皮症とかで、もっと早く連れてきてくれれば、と言われました。

壊死を起こしかけた部分を除去して膿を出し、傷口を縫う大手術です。

食事を抜いて麻酔をかけなければならないため、泊りがけでした。

そして二週間後、抜糸です。

家に帰りついて,、もうよかろうとエリザベスカラーを着けずにいたら、後ろ足でバリバリと。

また縫う羽目になりました。

それからは一週間ごとに病院へ連れて行って様子を見てもらいながら時期を待ちました。

病院行のバスケットに入る時以外エリザベスカラーは着けたままです。

そして、やっと一か月目に抜糸できました。

手術代は最初が三万円。次が1万円です。

黒猫3

猫の怪我は、軽く考えているととんでもないことになりますね。

素人考えで処置をせず、少しでも傷が深いと思ったらすぐに動物病院へ。

あと、保険についてです。

これから先もこんなことがあるのならペット保険に入っておこうかと思い、いろいろ調べましたが、補償の条件が意外に厳しくびっくりしました。

3万円を超えない手術は補償されないとか、手術は年内何度まで、とか。

怪我への備えは大切ですが、もし、ペット保険に入るとしたら慌てずに資料を請求して隅から隅まで読むことをお勧めします。




 

 

 - 動物

スポンサードリンク



スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

金魚のはなし たったちっぽけな命でも

先日、知り合いの方から聞いた話をしたいと思います。 彼女いわく、 あまりペットと …

私の愛するセキセイインコ

私が飼っているペットはセキセイインコです。 綺麗な歌声が魅力的で、フカフカな身体 …

「ワンちゃん・ネコちゃん」 面白ペットグッズ 10選

2015年ころからペットのワンちゃんとネコちゃんの数がほぼ同数になり、今ではネコ …

わが家のハムスター日記

私の娘が飼っているハムスター、種類はジャンガリアンハムスターのメスです。 最近、 …

二匹のプードルはいつも元気いっぱい

夫が犬をほしがるようになり、半年ほど毎日説得され、とうとう犬を飼うことにしました …

保護犬チワワの「ファーファ」との生活

2年前の2月、スーパーの駐車場でチワワが保護されているという情報がfaceboo …

癒やしだけではない猫カフェ

猫カフェとは、捨て猫や事情があって飼えなくなったご家庭から預かった猫たちを保護す …

猫と暮らす癒し一杯の我が家

今までにペットと一緒に暮らすのは初めての体験です。 独身のころ実家で大型犬を飼っ …

ハムスターとの思い出「2度もごめんなさい!」

学生の頃と結婚後、2回ハムスターを飼いました。 私が飼ったことのある唯一の哺乳類 …

猫が大ッ嫌いになってしまいました

高校からの付き合いで、子供も同級生の女の子同士ということもあり、一番身近なママ友 …