ソニーブログ

趣味、旅行から健康、スポーツ、自然、歴史、動物など生活雑事に関して紹介します。

*

長崎ハウステンボスの魅力はイルミネーションだけじゃない

      2017/11/30

九州といえば食がおいしいで人気の福岡や、くまもんのいる熊本が有名ですが、是非一度、長崎の「ハウステンボス」に行ってみてください。

ハウステンボスは冬のイルミネーション、「光の王国」が全国イルミネーションランキング4年連続1位と有名ですが、魅力はこれだけではありません。

日本にいながら味わえる異国感、季節ごとに異なる草花の美しさ、自然の中で遊べるアトラクションなど、カップルで行くにもファミリーで行くにも大満足なアミューズメント施設です。

%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%9c%e3%82%b91

画像元:ゆんフリー写真素材集

ハウステンボスに入館して、まず驚くのは施設全体を包む「異国感」です。

ハウステンボスはオランダをテーマに設立されているテーマパークですが、そのクオリティの高さに、まるで自分がオランダを訪れたような気にさえなります。

施設自体がとても広いので休日でも人であふれかえっているようなことはなく、歩いているだけでもとても楽しい気分になり癒されます。

施設が広いと移動が少し大変ですが、園内はバスが運行していますし、カートタクシーやレンタサイクル、馬車ツアーなども利用可能で、移動すらも楽しむことができます。

また、施設内にはカヌーやクルーズを体験することも可能で、さまざまな方面からヨーロッパの街並みを楽しめます。

園内はいくつかのエリアに分かれていて、ホラー系のアトラクションばかりが並ぶ「スリラーシティ」。

ハウステンボスの代名詞でもある風車と草花がきれいな「フラワーロード」。

自然の中で様々なアクティビティが体験できる「アドベンチャーパーク」。

ハウステンボスを一望できる巨大な塔”ドムトールン”のある「タワーシティ」。

ヨーロッパの街並みを歩いている錯覚に陥りそうな「アムステルダムシティ」など魅力いっぱいです。

%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%9c%e3%83%ab%e3%82%bf%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%a0%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%b33

タワーシティのドムトールン  画像元:ゆんフリー写真素材集

カップルで行くなら「スリラーシティ」、ファミリーで行くなら「アドベンチャーパーク」がおすすめです。

「スリラーシティ」にあるアトラクションは、どれも想像以上に恐怖です。

軽い気持ちで挑むと本当に後悔します。

子供は耐えられないです。

カップルで挑戦して、彼氏さんはたくましいところを見せつけてください!

%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%86%e3%82%a3

スリラーシティ  画像元:ハウステンボス

そして「アドベンチャーパーク」は木製のアスレチックがたくさんあり、子供連れのファミリーがみんなで楽しめるエリアです。

巨大テーマパークで、まさか服を汚しながら遊ぶなんてイメージと異なると思いますが、大人まで夢中になれるほど楽しいアスレチックがたくさんあって、このエリアだけで半日過ごしても大満足できるはずです。


年代性別問わず、ハウステンボスを訪れた皆さんに試していただきたいのは、昼と夜に一度ずつ「ドムトールン」に登ることです。

昼間はヨーロッパの街並みを見下ろしながらこれからどのエリアへ行こうかワクワクしながら予定をたててください。

夜はハウステンボスすべてを覆いつくす壮大なイルミネーションに息をのみ、その美しさにうっとりしてください。

%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%9c%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%9f%e3%83%8d%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b36

行く相手、行く時期によってさまざまな楽しみ方ができるハウステンボスは本当に行ってみるべき九州の観光地の一つです。

夜のパレードには宝塚歌劇団の方々が出演されていたり、定期的にアニメとコラボのイベントを開催していたり、何度も何度も行きたくなる工夫がたくさん施されています。

ハウステンボスへ行かれる際は、人気のイルミネーションだけでなく、是非さまざまなエリアを堪能して、自分なりの楽しみ方を見つけてください。

そして、地味に楽しく遊べるのが園内にいる白鳥へのエサやりです。

エサは白鳥のいる近辺で200円ほどで購入でき、面白体験をしたい方にはおすすめです。

 

 

 

 

 - 旅行

スポンサードリンク



スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

伊豆方面への旅行 今年春は修善寺町へ

今年の4月初旬に妻と2人で伊豆方面に旅行をしました。 修善寺温泉の宿、湯回廊菊屋 …

光のイベント 知床オーロラファンタジー2016

ウトロ温泉にあるオロンコ岩の近くを会場にして、期間中毎晩オーロラファンタジーのイ …

富山の高岡市で一番好きな公園とカフェ

富山県第二の都市、高岡市は、その豊かな自然と文化度の高さ、堅実に生きる人々とその …

秋田県の秘湯 乳頭温泉郷 鶴の湯に行きました

乳頭温泉郷をご存知でしょうか。 この温泉郷は秋田県の田沢湖の近くにある温泉郷です …

北海道はこんなに大きく広かった

北海道は日本全国土の約4.5分、183454km2の面積があり、540万人(20 …

乗り心地が抜群に良くなった秋田新幹線「こまち」

秋田県から東京都までを走っている新幹線といえば、「こまち」です。 今年、開業20 …

ストリートビュー 「富士五湖の沿道から湖面を通して富士山を見ました」

Googleでストリートビューして、富士五湖沿いの県道から見える富士山を探してみ …

青森の恐山 興味と不安/人が多いと安心です

私は怖いもの見たさで、オートバイで青森県の恐山へ行ったことがありました。 ただ、 …

日本全国 北から南の街を走る路面電車

一時期は、自動車の普及、都市人口の増加に伴い道路交通が渋滞、古い、遅いといわれた …

ふらっと行ける観光地 鎌倉

私は仕事に疲れた時やゆったりしたいとき、デートの時などことあるごとに鎌倉に遊びに …