Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/tafusoni/tafusoni.xsrv.jp/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

ソニーブログ

趣味、旅行から健康、スポーツ、自然、歴史、動物など生活雑事に関して紹介します。

*

小高い上にあり四方見晴らしの良い「かなや明恵峡温泉」

      2017/11/30

温泉地に求める要素は人それぞれでしょう。

効能、歴史、設備の充実さ、その中でも特に重要に扱われることの多い要素の一つが、「静けさ」や「周囲の自然」ではないでしょうか。

そんな人達を満足させてくれる温泉施設が「かなや明恵峡温泉」です。

立ち寄り湯のみがある温泉施設ですが、その露天風呂は見渡す限り360度、全てが見晴らしのいい山々の景色で、あまり知られていない知る人ぞ知る自然一杯の温泉です。

有田川と松原橋

有田川と松原橋  画像元:フォト蔵

かなや明恵峡温泉は和歌山県の有田川町にある温泉施設です。

有田という地域はみかんでは有名ですが、実は温泉も多く湧出している地域でもあるのです。

高速道路有田ICから有田川を遡り20分ほどの距離にその温泉施設はあります。

周囲は完全に山の中。

しかし山道ではありますが道幅は十分であり、片道一車線は確保されているため運転は難しくはありませんでした。

私がそこに初めて訪れたのは偶然車で通りかかっただけでした。

日高川から有田川に抜ける道の途中、小高くなった山の上にその温泉施設はあります。見た目はどこかちょっと洒落た立ち寄り湯の施設。

ただの銭湯か、と最初は思ったのですが中に入って記述を見ると、きちんとしたこの地から湧出した温泉を使った施設でした。

山の本当に頂上に位置するようなその建物が面白く、一度試してみようと入ったのがその後私が気に入る事になったきっかけでした。

かなや明恵峡温泉1

かなや明恵峡温泉周辺 Google3D地図

施設の内観はちょっとしたスーパー銭湯のように綺麗に整備されています。

食事処や畳敷きの休憩室もありました。

それらを抜け、まずはと風呂場に向かいます。

入浴料は600円。ただし水曜日は女性の方は半額になるというサービスがあります。

服を脱ぎ、風呂場に入ると「少しせまいかな」というのが最初の印象でした。

ですがそれが変わったのは、露天エリアに出てからです。

そこは本当に、誇張でもなく360度見渡せる場所でした。

広く取られたその露天エリアからは周囲の山々が見渡せるのです。

ちょうどぽっかりと独立した小山の頂上にいるイメージです。

かなや明恵峡温泉2

画像元:かなや明恵峡温泉|有田川町

周囲は完全に開けており少し離れたところに山々が見えるだけで、さらに人家なども存在せず自然の中にいる気分満点でいられます。

広い露天風呂に浸かりながら首を回しても見えるのは青々とした木々と空のみ。

無粋な屋根すら存在せずすばらしい光景です。

ややぬるめの湯温もあって、ずっと入っていられるような心地になり、日ごろのストレスなどが一気に開放されていく気分になったものです。

その時の気分はずっと記憶に残る思い出の温泉地となりました。

かなや明恵峡温泉はともかくその露天風呂の自然と開放感だけでお勧めの温泉です。

温泉の効能などは二の次にしたとしても是非体験していただきたいですね。

地方などでは川辺や山の中で自然を見ながら浸かれる露天風呂と言うのは確かによくあるのですが、あそこまで開けた視界で自然満点の露天風呂はほかには知りません。

都会のわずらわしさに疲れた方などには特にお勧めできるでしょう。

もしも夜に訪れることが出来るのでしたら満天の星の下での入浴が楽しめます。

周囲にほぼ無駄な明かりがありませんから、気分抜群の夜の露天風呂を楽しめます。

かなや明恵峡温泉3

画像元:かなや明恵峡温泉|有田川町

立地は山奥であり、周囲には遊ぶようなところはありません。

ですがそれでも、かなや明恵峡温泉はお勧めできる温泉施設です。

もし近くに来ることがありましたら、是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 - 旅行

スポンサードリンク



スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

流氷ノロッコ号は今シーズン限り 2016

                                流氷ノロッコ号と …

時間だけはある学生時代 フェリーを利用して旅行

学生時代に一度、フェリーを利用して旅行をしたことがあります。 当時、東京ディズニ …

四国の玄関口 香川県の観光地を巡りました

  四国の玄関口とも呼ばれる香川県ですが、私が行った場所や、感想、地元 …

忘れられないフェリー北海道旅行

数年前の10月のことです。 数年ぶりにフェリーを使って北海道へ旅行をしました。 …

大阪箕面市 山奥にある箕面の滝手前にたたずむとあるひなびた温泉宿

大阪府箕面市にある箕面の滝は、関西では言わずと知れた紅葉の名所の一つです。 大阪 …

東北旅行 母との思い出の旅

母との旅の思い出は私の独身時代、苦労をかけた母への恩返しのつもりで、毎年、様々な …

日本のシャングリラ“鳥取”

何で山陰なの? 自身も家族も家庭環境を変える必要があり、引っ越し先を検討していた …

幕張メッセ プラレール博 in Tokyo 2016 に行こう

プラレールとは、タカラトミーが販売している鉄道玩具で、このプラレール博は、広い会 …

ジャンプ場を駆け上がる Red Bull(レッドブル)400

5月21日、札幌市の大倉山ジャンプ競技場で、Red Bull(レッドブル)400 …

何度行っても飽きない 南紀白浜の魅力

和歌山県の観光名所と聞くと、多くの人が南紀白浜の名前を挙げると思います。 観光客 …