ソニーブログ

趣味、旅行から健康、スポーツ、自然、歴史、動物など生活雑事に関して紹介します。

*

北海道の美味しい生うにを食べる

      2023/11/03

日本では古くから、ウニを保存用として塩で加工されたものがあり、日本の三大珍味といわれてきました。

やっぱり、鮮度が良い生きているウニの殻を割ってその場で食べるのが最高の美味です。

市販されているものは、死んでから時間が経っているため、生臭さがあったり、保存や型くずれ防止のためにミョウバンやアルコールなどを加えるため、食味、風味が劣ってしまいます。

塩うに1

塩うに

そこで、食味の劣化を防ぐために塩水でパックされたウニも出まわっています。

色も味も濃いバフンウニの単価は高いですが、山吹色であっさりめのムラサキウニが、広く一般的に出回っています。

  バフンウニ  引用元 市場魚貝類図鑑より

バフンウニ  引用元 市場魚貝類図鑑より

旬は春から秋にかけて、特に初夏は最も質がよく、出まわり品としてはシーズン以外は冷凍品などになってしまいます。

新鮮な生ウニを食べるには、やはり産地にある飲食店でしょうね。

主な産地として、北海道の積丹、利尻島、礼文島が特に有名です。

ムラサキウニ  

ムラサキウニ

ウニ漁は、漁師が小舟に乗り、「箱めがね」と呼ばれるのぞき眼鏡で海底を見ながらカイを操り、ウニを探します。

ウニを見付けると玉網(タモ)やウニ漁用の鈎(カギ)で1つ1つ獲ります。

容易に見えますが非常に熟練を要する捕獲法です。

国内生産量のうち約半分を占める北海道では、こうした漁が日本海側では5月~8月、オホーツク海側では2月~7月、方面襟裳では1月~3月に行われます。

礼文島のウニ類の水揚げ量は北海道全体の約20%近くを占めるため、礼文島の水揚げが市場価格を大きく左右するほどです。

エゾバフンウニ  引用元 市場魚貝類図鑑より

エゾバフンウニ  引用元 市場魚貝類図鑑より

食用されるウニは、バフンウニ、ムラサキウニ、アカウニの3種類ですが、北海道ではそれよりひと回り大きい養殖されたエゾバフンウニやキタムラサキウニが捕獲されます。

キタムラサキウニ 引用元 市場魚貝類図鑑より

キタムラサキウニ 引用元 市場魚貝類図鑑より

夏に北海道を訪れて旨すぎるウニを食べたい人は是非、積丹や日本海沿岸の町、ちょっと距離がありますが利尻礼文、知床方面など足をのばしてみたらどうでしょう。

積丹の新鮮で旨い生ウニ丼をはじめ、いくら丼、海鮮丼、ホッケやイカの焼物など食べられるお店紹介
北海道積丹観光Web site

 

 

利尻島では、観光の一環としてうに採り体験ということを行っています。

地元漁師さんと同じ方法でウニ採りが出来、その場で割って食べられます。

6月~9月で、料金が1500円かかりますけど。
利尻島観光案内

 

 

 

 

 - 旅行

スポンサードリンク



スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

日本最古のアットホームな魚津水族館

富山県魚津市にある魚津市立の魚津水族館。 「ダイバーによる富山湾大水槽お食事タイ …

さっぽろ大通り公園のゆで・焼きとうきびの香ばしい匂い

さっぽろとすすきのの間、幅105m、東西1.5kmにわたって細長くのびるさっぽろ …

瀬戸内海の見える遊園地 鷲羽山ハイランド

瀬戸内海の見える遊園地 鷲羽山ハイランドは岡山を代表する老舗の有名な遊園地です。 …

絵になる木が沢山あります 美瑛町の8ヶ所の木

北海道美瑛町にはいろんな木や丘があるので、自転車よりは車での散策のほうが無難です …

瀬戸大橋をGoogleでストリートビューしてみました

瀬戸内海をまたいで本州と四国を結ぶ瀬戸大橋は、岡山県倉敷市と香川県坂出市をつなぐ …

似ている「さっぽろテレビ塔」と「名古屋テレビ塔」と「大通り」

さっぽろテレビ塔と名古屋テレビ塔からの眺めって似ていますよね。 碁盤の目の道路と …

炎天下で定番のビール片手に!福井の大野”とんちゃん祭り”

福井県大野市、夏に毎年開催されている「とんちゃん祭り」というものがあります。 最 …

友人と車で九州一周旅行

大学生のころに友達と二人で九州を車で一周するという旅行をしたことがありました。 …

愛媛県松山市の観光地巡りと美味しい食べ物

5月に四国の愛媛県に旅行しました。 松山市のシンボルである松山城を中心に、日本最 …

新潟の人気グルメを堪能しました

新潟県は、幕末から明治中期ころまでの一時期は、人口の多さ(一極集中ではなく)から …