Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/tafusoni/tafusoni.xsrv.jp/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

ソニーブログ

趣味、旅行から健康、スポーツ、自然、歴史、動物など生活雑事に関して紹介します。

*

美容に良い飲み物ランキング

      2017/11/30

美容に良い飲み物があれば飲んでみたいと思うのは誰でも思うこと。

でも、何を飲んだら良いのか色々あって分かりませんよね。

そこで6種類のそれぞれの飲み物ランキングと効果効用を簡単にまとめてみました。

 

1.【豆乳】

1位
ミルク豆乳
2位
コーヒー豆乳
3位
バナナ豆乳

豆乳には美肌効果、便秘解消、そして生理痛の緩和、更年期障害の対策にも有効です。

豆乳にはビタミンB、E、サポニン、イソフラボン、オリゴ糖などが含まれていて、ビタミンBは肌にハリと弾力を与え、肌の新陳代謝を促します。

ビタミンEは血行を良くする 肌荒れ改善。

サポニンが保湿効果や シミ、シワ予防など、新陳代謝を促します。

イソフラボンは老化防止、抗酸化作用、生理痛を緩和などに効果があり。

オリゴ糖に含まれるビフィズス菌は、腸内環境を整え排便を促します。

 

2.【青汁】

1位
神仙桑抹茶ゴールド

 

2位
ホコニコ-こだわり酵素青汁

 

3位
あしたば生活

青汁には便秘解、消美容効果、ダイエット効果、免疫力アップなどの効果があり、原料は主に明日葉、桑の葉、ケール、大麦若葉などの野菜です。

これら以外にも、キャベツ、ブロッコリー、レタス、カブの葉、シソ、小松菜なども使われています。

明日葉は根や茎を切るとネバネバした黄色い汁が出て、これは「カルコン」と呼ばれるポリフェノール系の成分で、美容効果が期待できます。

また、「クマリン」という抗菌作用を持つ成分も含んでいます。

桑の葉には「デオキシノジリマイシン」という糖尿病や高血圧に効果的な成分のほかに、整腸作用、抗菌作用などの効果もあります。

ケールはビタミン、ミネラル、食物繊維、他にもBカロテンやイソチオシアネート、クロロフィルなど緑黄色野菜の中でも「野菜の王様」とも呼ばれています。

大麦若葉は微量ですがビタミンA・B・Cやカリウム、カルシウム、カロチン、マグネシウム、マンガン、亜鉛などを始め、食物繊維、葉緑素、SOD酵素といった健康美容にとって有効な成分がバランスよく含まれています。

 

3.【お酢飲料】

1位
黒酢ブルーベリー
2位
ざくろ黒酢
3位
りんご酢レモン

お酢はご存知のように、昔からミックス加工されよく飲まれていますね。

飲み続けることで、内蔵脂肪のダイエット効果や高血圧予防、血液サラサラ効果、大腸ガン抑制効果など期待できます。

またクエン酸などの成分は抗酸化作用があり、肌の老化現象を遅らせてくれたり、肌の調子を整えてくれたりする働きを持っていますので美容には最適。

お酢をミックスしたフルーツ飲物はサッパリとして美味しく、常に手元に置きたい飲物です。

 

4.【飲むヨーグルト】


1位
明治ヨーグルト
-R-1ドリンクタイプ

2位
恵ガセリ菌SP株
ヨーグルト
ドリンクタイプ

3位
ヤスダドリンク
ヨーグルト

「飲むヨーグルト」は、固形ヨーグルトの組織を非常に細かくカクハンしてを液状にすることで、食べるからより美味しく飲めるヨーグルトにつくりました。

飲むヨーグルトのカゼイ・シロタ株によりお腹の調子を整え、ガセリ菌は胃の粘膜の保護をする乳酸菌が含み、整腸作用があります。

ビフィズス菌はお腹の膨満感や整腸作用、ラブレ菌はアレルギー症状改善や免疫力を高める効果あり。

それとともに美肌、肌荒れの改善にも効果的です。

飲む際は吸収率を高めるホットをオススメします。

しかし飲み過ぎは、お腹を壊したり太る原因になるので注意が必要です。

 

5.【美容ドリンク】

1位
アスタリフト
コラーゲン
10000
2位
美皇潤EX
3位
エテルノ-
濃縮プラセンタ

4位
エターナル-
プレミアム-
プラセンタドリンク

5位
リフタージュ

美容ドリンクには医薬品、医薬部外品、食品などがあります。

医薬品は、その有効性や安全性についてきちんと確認されている商品です。

医薬部外品は、効能や効果が医薬品ほどではないけれども緩やかに期待できる商品をいいます。

食品とは、医薬品、医薬部外品以外の商品で、効果や効能を表示することはできません。

美容ドリンクは、健康や美容への効果が期待できる栄養成分を補給することが目的です。

商品によって含まれている成分がいろいろ違いますので自分にあった商品を選んでください。

 

6.【野菜ジュース】

美白や美肌の美容効果は、緑黄色野菜のカロテノイドという、お肌に良い栄養素が含まれており、ニンジン、トマト、ブロッコリーなどには、加工品しても吸収率が上がるオレンジ系の色素成分β-カロテンが含まれていますので、オススメです。

又、抗酸化作用の高いリコピンやビタミンEは加工の段階で失われづらいため、野菜ジュースに多く含まれています。

ダイエット効果には食事の数十分前に野菜ジュースを飲むと効果が有ると言われいています。

便秘解消にも有効です。

ただしジュースばかり飲んで、固形物をとらないと逆効果になりますので注意してください。


1位
野菜生活100-
エナジールーツ

2位
充実野菜-
緑の野菜
ミックス

3位
充実野菜-
緑黄色野菜
ミックス

酵素とビタミンCについては、野菜ジュースになるまでには、濃縮、殺菌などで加熱され酵素は失なわれ、ビタミンCは激減しますので、野菜ジュースや果汁のジュースでは酵素とビタミンCはまったく期待できません。

自宅でミキサーなどを使って生野菜や果物で作られたジュースは栄養価が高いのでオススメします。

野菜ジュースは野菜そのものとは違いますから、あくまでも補助的栄養と考えてください。

 

 

 

 - 健康

スポンサードリンク



スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

クエン酸とミトコンドリアのこんな関係

  私たちの体をつくっているのは驚く数の細胞です。 その数は37兆個。 …

花粉シーズンを快適に過ごしたい!

花粉症の原因となる花粉は、スギ、ヒノキ、ブタクサ、カモガヤ、ヨモギ花粉など、1年 …

日本の名水百選 ペットボトル水で身近に手に入る

名水百選の湧き水をボトリングで、ネットからでも手軽に手に入る安心なミネラルウォー …

おいしいお米は全国から生産されています

お米は、今から約2000~3000年前、九州に伝わったと言われています。 お米づ …

身体の冷え予防と健康のために

身体の冷えと病気には大きな関係があるようです。 身体が冷えてくると免疫力が下がっ …

マイナスイオン発生 「森林浴のすすめ」と効果

5月の新緑から、香り漂う森林は6月から8、9月がいちばんで、マイナスイオンも多く …

白髪への効果 ビオチン剤とサプリメント

  ビオチンは新陳代謝を促したり、コラーゲンの生成にかかわり、健康な肌 …

1月7日は「七草の節句」疲れたお腹に七草粥を食べよう

古来中国では、正月の1日をニワトリの日、2日をイヌの日、3日をイノシシの日、4日 …

ワークライフバランスを整え 美容と健康を維持する

美容と健康を維持していくためには、ワークライフバランスが大切です。 毎日の生活が …

凄い日本のお茶の効能

緑茶にはコーヒー同様に健康飲料として多くの効能を持ち合せています。 飲用以外にも …