Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/tafusoni/tafusoni.xsrv.jp/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

ソニーブログ

趣味、旅行から健康、スポーツ、自然、歴史、動物など生活雑事に関して紹介します。

*

北海道の中の異国を感じる函館の魅力

      2017/11/30

函館は北海道の最南に位置し本州にも近く、北海道でありながら北海道とはちょっと違うところを感じます。

高速道路が出来る以前は、札幌方面から国道5号を、函館へ向かう手前の、桔梗町に来た辺りから続く松並木の変化、瓦屋根もちらほらと、津軽海峡を渡った感さえします。

 

国道5号をまっすぐ行くと、JR函館駅の前に着きます。

駅の周りには、あの有名な函館朝市があり、ここはいつも多くの観光客で賑わうところです。

現在は少し新しくなりましたが、今も昔も内容は変わっていません。

ただ人気の丼物の食堂街が出来て、各店ごとの味を競っています。

ここは、朝早くから、夕方もやっているので、朝、昼、夕と、何時でも利用できます。

以前はイカの街と言われるくらいイカばかりでしたが、近年は少し不漁のようで活イカは高価です。

 

朝市は駅の横ですが、駅前通りはかつて、市の中心地であった大門地区があり、今も多くの居酒屋が軒を並べて夜も賑やかな地区です。

夜は、この辺りで、一杯がいいですね。

元祖・函館朝市「渡島蔬菜農協ドーム」

元祖・函館朝市「渡島蔬菜農協ドーム内」 画像元:トラベルjp

函館駅からさらに函館山、川へ向かう事1Kmほど行くと赤レンガ倉庫の並ぶ、街並みが広がります。

金森洋物館は生活雑貨やアンティーク品などショップが集合、工房、フード、ホール、公演など盛どころ、一日中楽しめます。

ここも函館に来たならぜひ行きたいところです。

赤レンガ倉庫

金森赤レンガ倉庫  画像元:はこぶら

いよいよ函館山です。

函館山へは、基本ロープウエーで登ります。

山頂まで個人で行かれる場合は、観光地やホテルなどにあるロープウエーの割引券を利用するのが良いです。

通常は10分間隔で混雑時は5分間隔の運転です。

時期によって時間の制限があるので注意が必要です。

山麓駅付近には駐車場もありますが、夕方以降混み合うので注意。

函館駅からはベイエリア経由で直通の函館山登山道を上る路線バスもあります。

昼間の函館山からの景色も良いですが、やはり夜の夜景は最高です。

main

 

函館での宿泊ですが、函館は温泉地です。

谷地頭温泉は、函館山のすそ野にあり、周りには立待岬や、啄木のお墓、そして異国情緒漂う異人館など多くあり、散策の後に温泉に浸かるというにも良いのではないでしょうか。

谷地頭温泉

谷地頭温泉  画像元:ツアーネット

湯の川地区は函館の西部、大きなホテルが並ぶ温泉街です。

500年以上の歴史を持ち、北海道三大温泉郷のひとつに数えられる名湯でもあり、ニホンザルが温泉に入る姿を見ることもできます。

ちょっと西に足を伸ばすとトタピスチヌ修道院などあります。

湯の川温泉/ニホンザルが温泉に   画像元:はこぶら

五稜郭公園の近くには亀田温泉があり、公園内の100mタワーから眺めると、公園は星型になっていることが分かります。

桜の季節には多くの市民で賑わうスポットです。

函館を中心とする道南地区の温泉の温度は、少し熱いのであしからず。

暑いのが好きな方や、日帰りの市営の入浴施設も完備されてます。

函館五稜郭

函館五稜郭

五稜郭駅からは木古内駅まで38km余りを、海沿いを道南いさりび鉄道が走っていて、列車の車窓に広がる青い津軽海峡見ながらの列車の旅は格別です。

道南いさりび鉄道

道南いさりび鉄道  画像元:北海道Likers

函館は多くの観光資源に恵まれた南北海道を代表する観光地です。

昨年は北海道新幹線が本州から乗り上げ、隣町まで着ています。

これで、本州と北海道が繋がり、本当に北海道の陸の玄関になりました。

これからは新幹線も札幌まで延び、工事も本格的に始まり、ただ通り過ぎるだけの道南、函館ではなく、ちょっと足をのばして、木古内、松前、江差など昔ニシンで栄えた歴史ある周辺町などをゆっくりと見て楽しむのも良いものです。

 

 

 

 

 - 旅行

スポンサードリンク



スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

人気の温泉地 大分県由布院への旅

九州旅行の思い出でまずは由布院です。 大分県を代表する観光地で,若い女性に大人気 …

北海道に新婚旅行 道民の思いやりの精神に感動

海外へ新婚旅行に行きたかったのですが、世界情勢、治安に問題があり、まだ行ったこと …

自然のふしぎ 日本のミステリーな坂7選

  心霊現象や霊にまつわる坂ではなく、空き缶やボールなど道に置くと独りでに坂を登 …

乳幼児を連れて初めての伊豆一泊旅行をしました 

2016年11月初旬にマイカーで熱海を経由して伊豆熱川温泉熱川館へ宿泊し、翌日は …

大人になって 親兄弟との家族旅行

5年ほど前に父が大病を患い、2か月ほど入院しましたが幸いなことに退院できて今現在 …

青森の恐山 興味と不安/人が多いと安心です

私は怖いもの見たさで、オートバイで青森県の恐山へ行ったことがありました。 ただ、 …

北海道のホッケは大きく脂がのってて旨い

北海道を代表する魚の一つであるホッケは、日本付近では茨城県、対馬海峡以北に住み、 …

秋の石川県へ車の旅

近畿圏内から車で石川県へ1泊の旅行へ行って来ました。 大阪を出発し、行く道中も楽 …

何度行っても飽きない 南紀白浜の魅力

和歌山県の観光名所と聞くと、多くの人が南紀白浜の名前を挙げると思います。 観光客 …

奈良県・和歌山の聖地への観光

奈良県の南部と和歌山県の境には険しい山が連なり、古くから修験道の場や、神社の聖地 …