ソニーブログ

趣味、旅行から健康、スポーツ、自然、歴史、動物など生活雑事に関して紹介します。

*

暑い寒い 人はどちらを好む・・

   

「寒いのは我慢ができるけど、暑いのはかなわない」、「冬は寒ければ服を何枚も重ねればいい」など、日本においては暑さによる熱中症にも注意が払われ、夏場の方がキツイようですね。

しかし、テレビを見ていて、街角の人々のインタビューなどでは、酷暑下では笑い顔が多く、それなりに暑さを楽しんでいる気がします。

極寒下では笑顔が消え、顔に厳しさが感じられるのですが。

%e5%af%92%e3%81%84

 

単に30℃と氷点下30℃を比べられるものではありませんが、人間は暑さには強く寒さには弱いようです。

といっても超極寒、超酷暑下の話ではなく日常下での極寒、酷暑においてです。

人間ほど暑さに強い生物は少ないようで、炎天下でのマラソンがよく引き合いにだされますが、人間の体はそれなりの順応をしているようです。

暑さの場合、細胞が50℃を越える前に暑さから脱出すれば良いので、サウナでは短時間なら90℃でも可能です。

極端に乾燥した127℃の空間に、20分間居ることができたという記録も有るそうです。

日常生活では、酷暑による障害として熱中症や脱水症には気を付けましょう。

%e6%9a%91%e3%81%84

 

極寒では、裸だと氷点下50℃では1分も立たないうちに凍ってしまいますが、服を着込み防寒すると死ぬことはありません。

しかし、低体温には気を付けねばいけません。

低体温症にならないよう、中枢温度が35℃を下回らないようにすればよいのです。

気温12℃で手足の動きが鈍くなり、8℃以下なると痛みの反応が鈍くなります。

身体の震えで体熱を作り、寒さに耐えられるのは2~3時間ほど。

 

%e4%b8%ad%e6%9e%a2%e6%b8%a9%e5%ba%a6

画像元 OMRON

中枢温度が35℃を下回ると身体が激しく震え出し、身体がスムーズに動かず、思考力が鈍り、口の動きもぎこちなくなり言葉が不明瞭になります。

32℃を下回ると、エネルギーを使い果たして震えが止まり、意識がもうろうとしてきます。

30℃になると、意識がなくなってしまいます。

肌が0℃以下になると体の末端から凍り、凍傷になってしまいます。

また、濡れて風に吹かれると、気温がそう低くなくても体温が奪われ、低体温症になりやすいので、濡れた衣服などは着替えましょう。

低気温が原因での死亡が多数

日本を含む世界13カ国の国際共同研究では、約7,400万人の死亡統計データの解析を行いました。

その結果全死亡の7.7%が気温に関連していて、そのほとんど(気温に関連全体の7.3%)が低気温が原因での死亡であって、高気温による死亡はわずか(同0.4%)と言う結果が得られました。

 

%e6%b0%97%e6%b8%a9%e3%81%8c%e6%ad%bb%e5%9b%a0%e3%81%ab%e3%82%88%e3%82%8b%e5%89%b2%e5%90%88

 

これまで、多くが極端な気温が死の原因になると考えられてきましたが、世界各国の過去最大規模の気温に関連した死亡のデータを解析した研究からは、ほとんどが猛暑や厳寒ではない暑さや寒さによることが解ったようです。

 

 - ライフ

スポンサードリンク



スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

独身時代 / 毎日のお菓子作り!

当時は定時で仕事から帰ることが出来たので、時間があり、毎晩お菓子を作るのが最大の …

南極の氷は減ってるの?増えてるの?

南極大陸は1億6000万年前にアフリカ大陸と分離。 4000万年前にはオーストラ …

家庭用ビデオカセットテープ「ソニーのベータマックス」

βテープ を持っていた、いるという人は少なくないはずです。 私も30年近くも前に …

ぬか床をつくって おいしい漬け物を食べたい

ぬかミソは日頃の手入れが大切です。 一日一回はよくかき混ぜて空気を通すことがぬか …

夏バテの原因は生活習慣-知らないと損する夏バテを乗り切る方法

夏バテとは、高温多湿な日本の夏に身体がなんとか対応しようとしてしきれなかった結果 …

困った時はお互い様を学んだ 子供の頃の時代

かれこれもう半世紀以上も前の話になってしまいます。 親の転勤で北海道の赤平市とい …

新品シャツは一度洗ったほうがいいワケ

新しいシャツなどを着ると、肌や首の周りがチクチクしたりしませんか? 多く出まわる …

「身も心も癒される不思議な力」パワースポット

「世界のパワースポット: 癒しと自分回復の旅ガイド」という本では、パワースポット …

北海道観光2泊3日でも 余裕をもって

旅行会社のツアーもいいですが、自分で計画する旅はそれ以上に楽しいものです。 でも …

ネットショップで安い物を買うことが得とは限らないと感じました

私は5歳、1歳の子どもを持つ母親なので、子供用品などを買う機会が多々あります。 …