Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/tafusoni/tafusoni.xsrv.jp/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

ソニーブログ

趣味、旅行から健康、スポーツ、自然、歴史、動物など生活雑事に関して紹介します。

*

私の京都旅行のポイントは「定期観光バス」

      2017/11/30

20代の頃は、リーズナブルかつ多くの観光地を巡ることを目的としていたものですが、年齢を重ねるにつれ、ゆったりと贅沢に味わう旅を求めるようになりました。

しかも京都は何度も訪れている場所、ありきたりの観光地はすでに訪れた経験がある場所がほとんどです。

そんな私が京都旅行で選ぶのは「定期観光バス」を使用したツアー旅行。

個人旅行では味わえない、優雅で贅沢な体験が、通常よりお得な価格で味わえるとあって、おススメです。

%e4%ba%ac%e9%83%bd%e5%ae%9a%e6%9c%9f%e8%a6%b3%e5%85%89%e3%83%90%e3%82%b91

画像元:http://travel.rakuten.co.jp/bus/special/kyoto/

3月初旬、ちょうど梅の季節でしたので「北野天満宮と城南宮・梅宮大社」コースを選択しました。

「ホテルグランヴィア京都」でのランチバイキングがセットになっているお得なコースです。

残念ながら北野天満宮は、少し時期がずれていたのですが、城南宮のしだれ梅は、今まさに満開。

白やピンクの線香花火を一斉にともしたような、味わい深い情景が目の前に広がります。

ここでは、小学校に入学する友人のお子さんへと「ランドセル型の通学のお守り」をお土産に購入しました。

珍しくて可愛らしく、友人にもお子さんにもとても喜んでもらえました。

%e4%ba%ac%e9%83%bd%e5%9f%8e%e5%8d%97%e5%ae%ae%e3%81%ae%e3%81%97%e3%81%a0%e3%82%8c%e6%a2%852

京都城南宮のしだれ梅       画像元:京都フリー写真素材

さらに夜には「京都・東山花灯路」コースに参加しました。

実は、この1年ほど前にも、同じ時期に京都を訪れたのですが、「東山花灯路」を観光したかったのに、夜間であることや交通の不便さから断念したという経緯がありました。

「観光バス」ですと、そのような配慮がいっさい不要で、一定の時間が経過した後、指定した場所にバスが迎えに来てくれます。

もちろん、徒歩で回りたければ、バスに乗らずに次の場所まで歩くことも可能ですし、疲れれば、すぐにバスに乗って移動することもできますので、とても便利です。

おかげで、「東山花灯路」の雰囲気を十分楽しむことができ、1年前の心残りを解消することができました。

%e4%ba%ac%e9%83%bd%e6%9d%b1%e5%b1%b1%e8%8a%b1%e7%81%af%e8%b7%af3

京都東山花灯路       画像元:京都フリー写真素材

翌日も「定期観光バス」を利用して、「本法寺」「妙顕寺」「建仁寺」などをみてまわりました。

あいにくの雨ではありましたが、逆に趣と風情があり、良かったのではないかと思います。

お寺の住職のお話を聞くことができたり、普段ならなかなか鑑賞できないような展示物を拝見できたりして、貴重な時間を過ごすことが出来ました。

私自身が特に感銘を受けたのは「建仁寺」の天井に描かれた「双龍図」でしょうか。

大きな目を見開いた龍が天井から迫りくるような大迫力の作品には、時間を忘れて見入ってしまいました。

%e5%bb%ba%e4%bb%81%e5%af%ba%e3%81%ae%e5%a4%a9%e4%ba%95%e3%81%ab%e6%8f%8f%e3%81%8b%e3%82%8c%e3%81%9f%e5%8f%8c%e9%be%8d%e5%9b%b34

建仁寺の天井に描かれた双龍図
画像元:京都フリー写真素材

1泊2日という短期間の旅ではありましたが「定期観光バス」を利用したおかげで、効率よく、観て回ることができました。

また、移動方法を調べたり、時間を確認したりするストレスがなく、精神的な負担も少ない旅だったと思います。

多少、お値段は高めにはなりますが、それを後悔させない利点がたくさんあります。

特に年配の方々にはお勧めの方法だと思いますので、京都を訪れる際には、ぜひ利用してみてください。

 

 

 

 - 旅行

スポンサードリンク



スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

山形県鶴岡市の庄内映画村へ1泊旅行しました

8月の末に山形県の鶴岡市にある「あつみ温泉」と「庄内映画村」の見学を目的に、妻と …

懐かしさを感じとる高知県

高知は、お金の価値でははかれない高知にしかない地場の美味しい食べ物や、ゆったりと …

人気の温泉地 大分県由布院への旅

九州旅行の思い出でまずは由布院です。 大分県を代表する観光地で,若い女性に大人気 …

北海道はこんなに大きく広かった

北海道は日本全国土の約4.5分、183454km2の面積があり、540万人(20 …

京都旅行ならぬ「京都苦行」下調べは入念に…

とある年の11月、回ったつもりでいた京都の社寺の中で、平等院と醍醐寺にはまだ行っ …

大分県国東半島の旅

九州観光の思い出では国東半島です。 大分県の北西部に位置し,周防灘に面しており, …

ガリンコ号Ⅱ 流氷を砕きながら突き進む 2016

ガリンコ号Ⅱは、「ネジを廻すと前に進む」ねじの原理を利用したラセン型のドリルを、 …

ストリートビュー 「富士五湖の沿道から湖面を通して富士山を見ました」

Googleでストリートビューして、富士五湖沿いの県道から見える富士山を探してみ …

金沢市に二年ほど住み 街の良さを知りました

仕事の都合で太平洋側から石川県金沢市に転勤をし、二年ほど住んでました。 石川県に …

沖縄好きのきっかけは石垣島への新婚旅行でした

2009年の5月に新婚旅行で石垣島に行きましたが、その時の体験が忘れられなくて、 …