ソニーブログ

趣味、旅行から健康、スポーツ、自然、歴史、動物など生活雑事に関して紹介します。

*

我が家の猫スコティッシュホールドが12歳になって思うこと

      2018/04/12

我が家ではスコティッシュホールドを飼っています。
オス猫で名前はレオです。

レオが我が家にきてから12年以上が経ちました。

今まではそんなに気にならなかったのですが、最近レオは歩くときに足をひきずるようになりました。

動物病院に行っても高い台の上に乗って歩くわけではないので、先生はいつも触診だけで問題ないといいます。
歳をとったせいかと思いましたが、どうやらそれだけではなさそうです。

%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%891

画像元: donkyo4766さんより

スコティッシュホールドは耳が垂れていて丸顔でなんとも愛くるしい猫です。

最近の猫ブームでよく見かけるようになりました。

しかし、その垂れた耳は軟骨が不完全にしか発達していないからです。

遺伝的なものであり、他の骨軟骨にも問題があります。

うちのレオも、垂れた耳の中の軟骨がボコボコしていて耳あかがたまりやすいです。

動物病院の先生には、まめに耳そうじをすることと、軟骨が大きくなって耳の中をふさぐようであれば手術する方法もあると言われました。

 

それに、おじさんが両手を前に出してダラっと脱力しながらあぐらをかいて座るような「スコ座り」もよくします。

なぜ「スコ座り」というのかというと、スコティッシュホールドがよくする座り方だからです。

垂れた耳と同じで、よくいえば関節がやわらいのです。

悪くいえば骨軟骨に問題があることがあります。

そのため、その座り方が得意なようです。

その座り方はスコティッシュホールドにとって楽な体勢のようです。

 

うちのレオは「スコ座り」もしますが、うつぶせのままベタッと足を開いて寝そべることもあります。

ふつうの猫がよくする香箱座りをしません。

それはもしかしたら関節が痛いからかもしれないと最近は思います。

最近は階段もたどたどしく上り、テーブルから下りるときにも戸惑っていることが多くなりました。

そしてレオが下りる場所に、衝撃を少しでも和らげるための薄いクッションを敷いています。

階段を上り下りする時には過保護とはわかっていても時々抱っこしてしまいます。

%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%892

画像元: donkyo4766さんより

最近、スコティッシュホールドはテレビ・雑誌・ネット・ペットショップなどでよく見られるようになりました。

しかし、その愛くるしい見た目の象徴である、折れた耳や「すこ座り」といわれる格好は、骨軟骨の遺伝的な問題からきています。

歳をとると他の骨や軟骨にも問題が出てきて歩行が大変になったり、歩行ができなくなることもあるようです。

 

12年前を思い出してみるとペットショップでレオを買った時に店員さんからこの猫種はこのようなことがあるとは説明をされていませんでした。

私たち家族もよくスコティッシュホールドのことを調べて買ったわけではありません。

知っていたら買わなかったということはないですが、知ってれば段々と出てくるかもしてない症状に対してもう少しどうすればよいか前もって調べていたかもしれません。

うちのレオもこれからどうなっていくかわからないのです。

でも家族の一員なので、レオが過ごしやすいようにしてあげて、看取るまで一緒に生活していこうと思います。

〈本文:donkyo4766さんより〉




 

 

 - 動物

スポンサードリンク



スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ハムスターで一番可愛くて飼いやすい「キンクマ」とは

「キンクマ」っていうとなんの動物かご存知でしょうか。 「キンクマ」っていうのはハ …

二匹のプードルはいつも元気いっぱい

夫が犬をほしがるようになり、半年ほど毎日説得され、とうとう犬を飼うことにしました …

子猫ちゃんをお風呂に入れました!!

過去のことですが犬の散歩は日課で、室内犬のワンコでしたので散歩のあとは必ず足やお …

400㌔のヒグマを駆除

体重 約400㌔の雄のヒグマが射殺されました。 9月26日、処は北海道紋別市のト …

クサガメの一年とスローな魅力

クサガメを飼って4年経ちますが、そのカメさんとの毎日の生活習慣です。 クサガメは …

癒されるカメとスローな暮らし

野生のクサガメがわが家にやってきた! 小さい子ガメのカメロンと道端でばったり出会 …

ねこに何を食べさせたら、健康で長生きしてくれる?

ペットは今や家族の一員です。 そんなペットにできるだけ長生きしてほしい。 そう思 …

わが家のハムスター日記

私の娘が飼っているハムスター、種類はジャンガリアンハムスターのメスです。 最近、 …

金魚のはなし たったちっぽけな命でも

先日、知り合いの方から聞いた話をしたいと思います。 彼女いわく、 あまりペットと …

私の愛するセキセイインコ

私が飼っているペットはセキセイインコです。 綺麗な歌声が魅力的で、フカフカな身体 …