ソニーブログ

趣味、旅行から健康、スポーツ、自然、歴史、動物など生活雑事に関して紹介します。

*

私の人生を選択させた2泊3日の北海道旅行バスツアー

      2017/11/30

私がこれまで30年弱生きてきた中で北海道に訪ねたのは5回ほどですが、一番印象に残っているのは高校2年生の時に母と参加した2泊3日の飛行機とバスを乗りつぐバスツアーでした。

この旅行をきっかけにその後の自分自身の進路を決めることになり、歳月が過ぎた今でも心に残る思い出の旅です。

当時、NHK大河ドラマで新撰組!が放送されており、もともと歴史・幕末好きだった私は史実を調べ、行くからには司馬遼太郎の「燃えよ剣」を読み、ふるさとである京都・日野を巡ったうえでやっと五稜郭へ行けることを一番の楽しみにしていました。

%e4%ba%94%e7%a8%9c%e9%83%ad1

冬の五稜郭

 

調べてみると今では100m級の新五稜郭タワーができており、入館料840円とのこと。

当時は現在の半分の高さの旧五稜郭タワーの存在を知らなかったので、現地に足を運んでも星型の要塞を確認することは出来ず、もやもやしながらお土産コーナーで星型の五稜郭のポストカードを購入していました。

ツアーに参加した時は真冬だったのでどこを見ても真っ白の雪景色でしたが、洞爺湖へ訪れた際そこから遠くに見える羊蹄山の大きさは圧巻で、雪景色も素晴らしく、別名蝦夷富士と言うだけありとても雄大でした。

%e7%be%8a%e8%b9%84%e5%b1%b12

羊蹄山と洞爺湖

 

宿泊施設ではカニなどの海鮮類やお寿司などの食べ放題でお腹を満たし、小樽の昼食でお寿司盛り合わせを食べた時のネタがとろけていく感覚は今でも忘れられません。

そしてこのツアーを語るにあたって私が後日、一番のターニングポイントとなったことに触れなければなりません。

ツアーでは30人ほどの老若男女が羽田空港に集合し、同じ飛行機と同じバスを利用しながら北海道の名所を周るものでした。

 

旅行には添乗員さんが1名付いたのですが、その添乗員さんが当時高校生の私から見ても本当に頼りなくて、ハラハラしてしまう場面が何度もありました。

飛行機の座席が母と隣同士にならなかったり、お土産の積み込みを忘れそうになったり。

バス車内でも次の観光地や宿泊施設へ連絡を取っているようですが、その添乗員さんは新人には見えないものの日数が浅いのかと思うくらい何度もドキドキしてしまいました。

見かねたほかのツアー客が手伝ってあげている姿を見ていて、タイミングよく私もお土産をみんなに配ることを手伝いました。

旅が終わるころには、30人ほどのツアー客と添乗員で、笑いあって協力しながらみんなで作り上げた旅行だったと感じました。

%e6%b7%bb%e4%b9%97%e5%93%a13

 

旅が終わって、進路選択の時期になりさまざまな進路を考えました。

当時私は絵を描くことが好きで美術・デザイン科に通っておりクラスのほとんどの学生が美大や美術関連の専門学校へと選択する中で、私はこの旅行のことを思い出し旅行業界へ興味を持っていました。

調べていく中で、旅行業界へ就職するための専門学校へ進学することを決めたのです。

入学してすぐに、社会勉強の一環として添乗員としてのアルバイトを始め、平日は学校へ通い、週末は旅行の斡旋・添乗業務の経験を積んでいったことが、後々の就職活動や、就職してから、そして10年経過した今でも忘れられない経験につながっています。

 

きっかけは2泊3日という短いものでしたが、私自身も数年間の添乗業務を経験していく中で、お客様に救われたり、感謝されることがあり、本当に心に響き、涙なしでは語れない旅行もありました。

お客さんと一緒に観光できるだけじゃないかと思われがちな添乗業務ですが、あの時頼りないと決めつけてしまった添乗員さんに今ならありがとう、と感謝を伝えたい気持ちです。

 

 

 

 - 旅行

スポンサードリンク



スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

日本の珍地名の旅 北から南へ15珍

日本の珍地名を北から南へとGoogleマップで旅をします。 ストリートビューで周 …

愛知のおすすめは なんといっても豊富でおいしい食文化

名古屋市で生まれ、大学卒業まで二十数年間暮らしました。 大学卒業後は東京へ出てき …

日本の原風景 白川郷~紅葉スポット~

数年前に世界文化遺産にもなった合掌集落のひとつ岐阜県の白川郷へ紅葉狩りに出かけま …

2018年 流氷を砕きながら突き進む ガリンコ号Ⅱ

北海道遺産にもなっているガリンコ号Ⅱは、「ネジを廻すと前に進む」ように、ねじの原 …

日本全国 北から南の街を走る路面電車

一時期は、自動車の普及、都市人口の増加に伴い道路交通が渋滞、古い、遅いといわれた …

紀の国 和歌山の観光地の魅力はここ

和歌山は、紀伊半島南西部にあり、南部は山が大部分を占め、木の国と言われるほど山が …

北海道の美味しい生うにを食べる

日本では古くから、ウニを保存用として塩で加工されたものがあり、日本の三大珍味とい …

地元民が教える三沢の夜のおススメ店

三沢は古くから米軍基地、三八上北地方唯一の空港がある街として栄えてきました。 大 …

京都観光はレンタサイクルでの移動がおススメです

京都は自転車にやさしい街。 広くて平坦な道は混みすぎず、川沿いの自然と解放感ある …

懐かしさを感じとる高知県

高知は、お金の価値でははかれない高知にしかない地場の美味しい食べ物や、ゆったりと …