ソニーブログ

趣味、旅行から健康、スポーツ、自然、歴史、動物など生活雑事に関して紹介します。

*

初の飲み会から学ぶ お酒は魔物だった

   

20才を超えるとお酒を飲むことができるようになり、成人式のインタビューなどでも、20才になって何がしたいと尋ねると、
「お酒を飲みたい!」と答える人が数多くいるようです。

お酒の飲みはじめの頃は、自分のアルコールの限界値もわからず、注がれるがまま、気の向くままに飲んでしまいがちです。

それをやってしまうと、大参事になってしまうことがよくあります。

 

私ごとですが学生のころ、専門学校のクラスで飲み会をしようという話が持ち上がりました。

試験合格を目指していたクラスだったので、それが終わった打ち上げです。

ルームメイトは30人ほどで、男女比は男:女が3:7くらいです。

 

場所は、それほど大きな居酒屋ではなく、私たちだけで貸し切りになるような小さな居酒屋でした。

2時間の飲み放題コースです。

 

19時の乾杯とともにみんな飲み始めましたが、よくありがちな無茶をする人がいます。

一気飲みしたり、盛り上がっていましたので良しというところでした。

しかし、最初の1時間が経つころには、「酔っている」と判断できる人間がチラホラ。

そして、日本酒の徳利がいたるところに散乱しています。

私は、日本酒で痛い目を見たことがあったので、ビールのみで押し切っていました。

 

やがて、部屋にいるのは半分にも満たない数になっていました。

ノンアルコールで済ませていた人や、飲みなれているだろうという人ばかりです。

残る人達は、トイレの前に長い行列を作っていました。

大半の人が用を足すための行列なのですが、中には口には出さない(出すとリバースするでしょう)けど具合の悪そうな人もいます。

既に、先頭の人は便器とお友達になっているご様子で、なかなか出てきません。

男女関係なく、空いたトイレに入っている始末です。

 

大事には至ってないみたいでしたので、席に戻って、正常な人たちと飲み始めました。

次々とトイレから人が戻ってきますが、異常なほどのハイテンションか、そのまま横になって寝てしまうか。

 ラストオーダーの時には、冷静になっている人がほぼいないという始末。

時間も終わり、帰ろうとしますが、ほぼ全滅の状態。

まだ便器と語り合いを続けている人も何人かいましたし、完全に熟睡している人もいます。

 

全員帰さなければなりませんが、全員をタクシーに入れて「あとヨロシク」と運転手に任せるわけにもいきませんし、ここに泊まらせてもらうわけにもいきません。

完全に熟睡している人も叩き起こし、携帯から家族に連絡を入れて迎えに来てもらうことにしました。

 

家族を待つ間に、絡んできたり、悩みを打ち明けてくる人がいたり。

女性の比率が多かったので、結構楽しかったですけど。

店も厚意で全て完結するまで、店を開放してくれました。

こんな作業をしていて、最後に帰った私が店を出たのが、日付の変わった1時過ぎでした。

 

とんでもない苦労しましたが、酒が入ったからこそ出てきた一人一人の本性のようなものが見えて、次に学校であった時には、彼女たちの色々な表情が見え隠れしていました。

お酒の入った本音トークで、あの人が嫌いだなんて発言もありましたので、その人達が仲良くしゃべっているのを見ると、女性は怖いな~と感じることも。

でも、お酒で他人に迷惑をかけるのはナンセンスですね。

お酒の量はほどほどにしておきましょう。

 

 

 

 - ライフ

スポンサードリンク



スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

2017年-都道府県の魅力度ランキング

「47都道府県別魅力度ランキング」とは、地域のブランドを調査するブランド総合研究 …

因果律崩壊とタイムマシン

因果律が壊れるってなに? 私たちも、「因果なことだ!?」「因果なめぐりあわせだ! …

怖さとスリルを体験できる つり橋5選

日本にはさまざまな吊り橋があり、明石海峡大橋や瀬戸大橋、来島海峡大橋、大鳴門橋な …

宝くじ購入の心構え

「宝くじ」買ったことありますか?! 理論上、1等を狙う場合はバラで買うのも連番で …

100円ショップは、生活に欠かせない商品がいっぱい

100円ショップは、今では人気が高く種類も豊富なお店です。 「100均」(ひゃっ …

北区王子に住んでいた小学生時代の思い出

私は地方出身ですが、父親の仕事の関係で、小学生時代に東京に何年か住んでいたことが …

朝のランニング

今日もAM5時半、家を出て1キロ程先にある公園へ向かいランニングです。 週4,5 …

日本のロケット開発 試行錯誤の生産と成功への歴史

  日本の宇宙開発 日本の宇宙開発は、1950年代の半ばに糸川英夫が大 …

断捨離でムダな思考を減らす

毎日を快適に過ごすためには、なるべくネガティブな考えを減らしていきたいものです。 …

光の速さも遅く見える大宇宙

光の速さは約30万km/s、地球を1秒間に7周半回る速さはよく知られていますね。 …