ソニーブログ

趣味、旅行から健康、スポーツ、自然、歴史、動物など生活雑事に関して紹介します。

*

足助村のバンガロー風古民家に一泊旅行

      2017/11/30

一年前になりますが、家族と愛知県豊田市足助町飯盛にある足助村に旅行しました。

足助村の三州足助屋敷 (さんしゅうあすけやしき)にある宿泊施設ですが、ちょっと変わった宿泊施設です。

赤い吊り橋のたもとにある足助村は、バンガロータイプの古民家を使った小屋が数棟並び、室内はコンロ付き、バーベキュー広場にはバーベキューコンロも用意されています。

お風呂やシャワーは管理棟にありますが、一家族に古民家一つの宿泊施設です。

もちろん日帰りでバーベキュー施設だけでも利用できます。

冬は古民家内での鍋物が人気があるそうです。

画像元:http://asuke.info/play/seeing/entry-86.html

家族でどこへ行こうか悩んで場所調べをしていました。

お金もなく、最初はユースホステルにしようか、宿泊施設を選んでいたところ近くに足助村というところがあって、自分たちでバーベキューなどを焼くことができる施設があることを知りました。

次男も自分で料理をすることが好きなので、ここに決めることにしました。

食材は施設でも用意してくれますが、持ち込みもできます。

でも電化製品は使用できません。

そしてペットの連れ込みや、子供、若者の好きな花火や爆竹は禁止です。

 

私たちはアウトドアに慣れているので炊飯器などを持ち込んで、1日目の昼から自炊することにしました。

ここは自宅から車で1時間ぐらいの所で、施設のそばには町に象徴的な川が流れています。

荷物がたくさんあるので、駐車場(有料)はなるべく宿泊施設の近い場所に止めました。

荷物を運んでいるうちに雨が降ってきて、土砂降りになってしまったのですが、古民家の室内ですのでこれもまたいい雰囲気でした。

ここは山間なので、山肌に近い方は急な雨などには気をつけたほうが良いですね。


着いてからは、もうお昼なので食事の用意をしました。

炭の用意や着火は施設の人がやってくれます。

さっそくこの日の昼は、お好み焼きです。

施設の人がいきなりお好み焼きをやることに驚いていましたが、鉄板を持ってきてくれました。

現地に行って気軽に作れるようにとお好み焼きの素を用意し、具の材料は家である程度切ってきました。

施設でまな板や包丁なども借りられますが、ボールがありませんでした。

そこで私は、お風呂の洗い桶を使いお好み焼きの具を混ぜたのです。

自宅ではやらないことが、アウトドアでは抵抗なくできることもこの魅力ですね。

子供たちも混ぜるのを手伝ってくれました。

さっそくまた失敗、卵と肉は家に忘れてきてしまい、一時はテンションも下がってしまいましたが、それ無しでも家族で外で作って食べるものは何でも美味しいものです。

画像元:http://www.manpuku.co.jp/bbq_aichi/spot/archives/390

 

食事後、足助の町並みを散策に。

足助は古い家など観光用に残していて、実際に住んでいる家などを見学できます。

足助村から10分ぐらい歩くと、古い街並みに出ました。

主人と古本屋や和菓子屋などの前を30分ぐらい歩き、途中で足助の美術作品について書かれた看板を見つけました。

町並みに残る古い町屋などの玄関先には、足助産の現代美術作品を展示する看板が案内所のように立ってます。

 

 

古い街並みのそばには川が流れていて、その水はとてもきれいな流れでした。

川を渡ってから地元の人に会い、この町のことを解説してくださり、暖かい人柄や観光地としての個々の取り組み方も伝わってきました。

 

夜は超簡単にカレーライスとフランクフルトです。

それも、主人が前もって自宅で下ごしらえしてくれて煮るだけのものでしたし、ごはんも自宅で炊いてきたものです。

夜はカレーを作ると施設の人に言ったら、驚いていました。

それでも、カレーは家族みんなが「おいしい」と言って、ほとんどなくなってしまったんです。

 

次の朝、主人が朝早くから火を起こしてくれ、鍋でお湯を沸かしてくれていました。

家からネギとわかめとみそを持ってきたので、ネギを切り、味噌汁を作ったのですが、昨日のカレーがおいしかったため、ごはんが足りなくて、昨夜残りのカレーやフランクフルトがメインの朝食でした。

主食材料が多少少なかったかもしれません。

 

2日目、三州足助屋敷でいろいろと物作り体験できるところがあり、子供の希望でうちわ作りを楽しんだ後、これも子供が食べたいと言ったので、流しそうめんの体験に。

足助の竹を使った半分に切った竹に、自分たちでそうめんを流して食べる様式で、上から私が流し入れ4、5m先で子供たちがつかみ取る。

子供たちはワイワイと大はしゃぎです。

とても良い体験ができて家族ずれにはとてもオススメです。

ここは電気製品など使えないこともあり、テレビやゲームもできない昔ながらの生活を楽しむというコンセプトで、普段の日常生活から解き放された解放感と前向きに考えて過ごす生活スタイルに私たちも勉強させられました。

今回、食材の持ち込みや準備などに大変でしたが、失敗を笑っては、「また行きたいね!」って感じで、家族で次回の話で止まりません。

 

 

 

 - 旅行

スポンサードリンク



スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

北海道のホッケは大きく脂がのってて旨い

北海道を代表する魚の一つであるホッケは、日本付近では茨城県、対馬海峡以北に住み、 …

震災から4年が過ぎた東北へ家族4人で旅行

東日本大震災から4年が過ぎ、震災への支援として被災者の人が一番喜ぶのは何だろうと …

青い海 広い空 美味しい空気 沖縄県に家族で旅行

沖縄は最高です!! 今回の沖縄旅行で3度目になりますが、何度行っても飽きる事があ …

美人の湯に行ってみたい!こんなところです!

「美人の湯」とは、美人になる温泉湯ではありませんが、お肌つるつるの美肌美人になれ …

京都旅行ならぬ「京都苦行」下調べは入念に…

とある年の11月、回ったつもりでいた京都の社寺の中で、平等院と醍醐寺にはまだ行っ …

港町小樽の三角市場は新鮮安くて 海鮮丼がうまい

小樽三角市場の名前の由来は、土地と屋根が三角の形をしていることからつけられました …

長野県原村「星空の映画祭」の思い出

  今年の夏、友人と長野県諏訪郡にある原村という所に行ってきました。 …

何度行っても飽きない 南紀白浜の魅力

和歌山県の観光名所と聞くと、多くの人が南紀白浜の名前を挙げると思います。 観光客 …

日本各地の青の洞窟は凄い

海で囲まれた日本の海岸、岬の裏側や辺境にある岩壁などを遊覧船で巡ると、奇怪な形の …

「身も心も癒される不思議な力」パワースポット

「世界のパワースポット: 癒しと自分回復の旅ガイド」という本では、パワースポット …