ソニーブログ

趣味、旅行から健康、スポーツ、自然、歴史、動物など生活雑事に関して紹介します。

*

東京から鹿児島へ帰省 フェリーの旅

      2017/11/30

東京在住の我が家は、実家が鹿児島のため年に一度の帰省は旅行のようで一大行事となっています。

そして、現地でも車があると便利なのと、途中でいろいろな場所に寄り道もできることなど、道中を楽しめることから毎年必ずフェリーを使って行くことにしています。

ルートは大阪までは車を運転していき、そこから九州行きのフェリーに乗るということが基本です。

%e5%99%b4%e7%85%99%e3%82%92%e3%81%82%e3%81%92%e3%82%8b%e6%a1%9c%e5%b3%b6

噴煙をあげる桜島    画像元:PAKUTASO

東京から鹿児島まで車を使って行くと、どれぐらいかかるかというと、距離にして1500キロ以上、高速道路を運転しても普通に考えると、まるまる3日間ぐらいかかると考えておいた方が良いでしょう。

しかし車で行くためにはどうすればよいか?と考えた結果フェリーとなりました。

ところが東京から鹿児島まで直接行けるフェリーは、何年か前まではあったのですが現在はありません。

そこで、大阪から鹿児島の志布志まで行くフェリー「さんふらわあ」を利用することにしました。

これならば、最短24時間程度で行くことができます。

%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%aa%e3%83%bc-%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%b5%e3%82%89%e3%82%8f%e3%81%82

フェリー「さんふらわあ」  画像元:ウィキペディア

 

実際の行程は、朝東京を出て夕方までに大阪に着きます。

そして夜に大阪港を出発し、翌朝には鹿児島に着いてしまうのです。

これならば車にしては移動にかかる時間はかなり短くなっていると言えるでしょう。

料金も、一人では割高になると思いますが、我が家の場合は4人家族です。

飛行機代と比較すると、ガソリン代、高速料金、フェリー代の合計でだいたい同じぐらいで済みます。

飛行機で行った場合には、現地でレンタカーを借りていたため、この料金もかからずかえって安くなるのではないかとも考えられます。

それに途中の寄り道もできることがポイント高いです。

途中に京都や大阪で一泊することや、神戸から大分のフェリーにして、九州の各地を回っていくというような旅もできます。

毎年行くので、様々なバリエーションが出来て計画するのも楽しみの一つです。

九州では大分から宮崎周りの東九州自動車道も整備されつつあり、車での長距離の移動も苦にならなくなってきました。

さらに、鹿児島からフェリーに乗って屋久島まで行ったこともあります。

%e6%97%a5%e5%8d%97%e6%b5%b7%e5%b2%b8

宮崎市から日南市方面の日南海岸

 

以前は便利なため飛行機で行くことがほとんどだった東京から鹿児島への帰省でした。

羽田からだとたった2時間であっという間についてしましますが、車や船を使うことは、それなりの時間がかかるため日本の意外と広い国土を実感します。

子供たちにとってもよい社会勉強になるものと思っています。

今後はいつの日かフェリーで日本全国をまわってみたいと思います。

来年はフェリーを使った北海道の旅も計画しているところです。

 

 

 

 - 旅行

スポンサードリンク



スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

関西カレーEXPOの“カレーフェス”

関西方面の食のイベントになりますが、G.W.の期間中に大阪の万博記念公園で開催さ …

英語力のなさを実感したネパール旅行

3年ほど前に、ネパールへ、夫とともに旅行に出かけたことがあります。 久しぶりの海 …

ふらっと行ける観光地 鎌倉

私は仕事に疲れた時やゆったりしたいとき、デートの時などことあるごとに鎌倉に遊びに …

千葉県民には普通 他県民にはビックリ!の話

わたしは転勤で他県から千葉県に引っ越ししてきました。 すると「何それ!?」と驚く …

足助村のバンガロー風古民家に一泊旅行

一年前になりますが、家族と愛知県豊田市足助町飯盛にある足助村に旅行しました。 足 …

小笠原諸島の島々 旅行ガイド

小笠原諸島は、東京都特別区の南南東約1,000kmの太平洋上にある30余の島々か …

青い海 広い空 美味しい空気 沖縄県に家族で旅行

沖縄は最高です!! 今回の沖縄旅行で3度目になりますが、何度行っても飽きる事があ …

港町小樽の三角市場は新鮮安くて 海鮮丼がうまい

小樽三角市場の名前の由来は、土地と屋根が三角の形をしていることからつけられました …

東北旅行 母との思い出の旅

母との旅の思い出は私の独身時代、苦労をかけた母への恩返しのつもりで、毎年、様々な …

瀬戸大橋をGoogleでストリートビューしてみました

瀬戸内海をまたいで本州と四国を結ぶ瀬戸大橋は、岡山県倉敷市と香川県坂出市をつなぐ …