ソニーブログ

趣味、旅行から健康、スポーツ、自然、歴史、動物など生活雑事に関して紹介します。

*

静かでひなびた風情 山形大蔵村「肘折温泉」

      2017/11/30

肘折温泉は、山形県大蔵村の山あいにあり、開湯1200年の歴史があります。

火山の爆発により形成された肘折カルデラの中にあり、昔ながらの湯治スタイルを守り続けている、静かでひなびた風情の温泉地です。

肘折という名の由来には、肘を折った老僧がこの温泉の湯に浸かり傷を治したという説がありますが、実際に骨折や傷に効果のある湯が沸いています。

私は、夏にこの肘折温泉を訪ね、素朴な雰囲気を楽しんできました。

%e5%b1%b1%e3%81%82%e3%81%84-%e9%9b%aa%e5%a3%81

画像元:肘折いでゆ館・カルデラ温泉館

私は山形生まれなので、行ったことはなくても肘折の名前は知っていました。

祖母は近所の友人らと、よく湯治に肘折へ出かけていました。

肘折へは車で向かいましたが、崖から落ちるような山道を抜けたところに広がる温泉地でした。

温泉街には新しい旅館もありますが、ほとんどは狭い道をはさんで軒を連ねる古い旅館です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

画像元:フォト蔵

私が泊まった宿も古いつくりで、廊下や階段を歩くとギシギシと懐かしい音がしました。

お部屋はシンプルで、冷蔵庫は各階で共用、洗面所やトイレも男女共用です。

お風呂場は男女共用の小さいものが二つあり、男性と女性どちらが入っているのか分かるように、浴室前に「男性入浴中」というような立て札が置かれていました。

私も立て札を立てかけ入浴しましたが、誰とも一緒にならずのんびり入れました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

画像元:フォト蔵

食事は部屋でいただくスタイルで、地元の食材を使った体に良さそうな郷土料理を、たいへん美味しくいただきました。

夜は暗い廊下に蚊取り線香が置かれ、歯磨きや、冷蔵庫にものを取に行く際に他のお客と挨拶を交わしたりすると、なんとも懐かしく贅沢な時間に感じられました。

160507_1913

肘折朝市の山菜尽くし。ボウナ コシアブラ タラノメ 山わさび アケビなど   画像元:フォト蔵

肘折温泉には、冬をのぞいて毎日開かれる朝市という名物があります。

私が泊まった宿は、朝市会場の正面だったので、早朝5時にはバタバタとにぎやかになり、外を覗くと、地元の人や湯治客と思われる人、観光客らが入り混じってにぎわっていました。

以前宿泊したことのある祖母が、部屋の中に人がいるのかと思ったと、朝市のことを言っていましたが、それが分かる近さでした。

地元のおばあちゃんたちが地べたに座り、採れたての野菜や山菜、手作りのおむすびなどを広げ、お客を呼び込んでいました。

昔は湯治客のおかずとして売られていたそうですが、今はお土産として買っていく人が多いそうです。

今でもこんな風景が残っているんだと嬉しくなり、心が温まりました。

%e8%82%98%e6%8a%98%e6%b8%a9%e6%b3%89%e6%9c%9d%e5%b8%82

肘折温泉朝市

温泉街で足湯に浸かっているときに、そこのご主人にスイカをごちそうになり、印象深い話を聞きました。

ある団体一行が来たときに、ここは出迎えも見送りもなくて、もてなしができていないと言われたそうです。

「ここは湯治場として残してきてるから、そういう贅沢な旅がしたい人には物足りないんですよ、このひなびた感じが良いって言ってくれる人でないとねえ」とご主人は言っていました。

たしかに、きれいさや行き届いたおもてなしを求める人には向いてないと思いますが、私は心温まるゆったりとした贅沢な時間を肘折で過ごせました。

素朴でひなびた雰囲気が好きな人には、ぜひおすすめしたい温泉です。

画像元:肘折いでゆ館・カルデラ温泉館

 

 

 

 - 旅行

スポンサードリンク



スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

川・運河・お堀から遊覧船で町並みと風景めぐり

普段は脇から見下ろしている川、運河、お堀、そこから一段下がった目線で周りを見るこ …

幕張メッセ プラレール博 in Tokyo 2016 に行こう

プラレールとは、タカラトミーが販売している鉄道玩具で、このプラレール博は、広い会 …

友人と車で九州一周旅行

大学生のころに友達と二人で九州を車で一周するという旅行をしたことがありました。 …

行くことのできる・できない日本の最四端

自由に行くことができる日本の最四端は、北の宗谷岬、東の納沙布岬、南の波照間島(高 …

本州最北端 マグロの街は遠くも食に大満足!

昨年の秋、夫婦で東北地方、主に北東北をめぐってきました。 岩手県から向かった先は …

ふらっと行ける観光地 鎌倉

私は仕事に疲れた時やゆったりしたいとき、デートの時などことあるごとに鎌倉に遊びに …

料理と温泉を楽しみたいなら石川県の山代温泉がゲキ押しです

石川県の山代温泉に母と2人で旅行をした時の体験談です。 温泉地として知られる山代 …

関西カレーEXPOの“カレーフェス”

関西方面の食のイベントになりますが、G.W.の期間中に大阪の万博記念公園で開催さ …

さっぽろ大通公園とうきびワゴン2017 夏に向かってこれから本番

幅105m、長さ1.5kmの大通り公園は年中、さっぽろ市民や観光客たちの憩いの場 …

霧島温泉郷でも最古の温泉といわれる岩風呂「目の湯」

  霧島温泉郷でも最古の温泉といわれる「目の湯」は、天然の岩でできた温 …