ソニーブログ

趣味、旅行から健康、スポーツ、自然、歴史、動物など生活雑事に関して紹介します。

*

広島の観光と言えば宮島です

      2017/11/30

広島の観光地と言えば宮島ですね。

宮島なんて知ってるよって方も多いでしょう。

どうせ厳島神社でしょっと。

勿論それもあります。

しかし、宮島の魅力は厳島神社だけではなく、現地民でものんびり丸一日楽しめます。

私のメインの楽しみ方は食べ歩きです。

%e5%ae%ae%e5%b3%b61

フェリーから見た宮島と厳島神社

 

一つ目に楽しんでいただきたいのは宮島に行くためのフェリーです。

暖かい季節ならば、宮島に近づいていく景色を楽しみながら写真など撮っていくといいかなと思います。

正直秋の終わり頃から春初めに関しては、潮風が寒いです。

雪の舞う景色も幻想的で綺麗です。

%e5%ae%ae%e5%b3%b6%e8%a1%8c%e3%81%8d%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%82%8a%e3%81%b02

宮島行きフェリーのりば

 

二つ目は鹿です。

フェリーを降りて広場に出ると大抵1匹か2匹は目にとまります。

更に彼らは全く逃げません。

それも容易に撫でさせてくれます。

動物好きの方は鹿と戯れてもいいと思います。

私は毎回触ってます。

毛並みは良くありませんがつぶらな瞳が可愛いです。

ただ注意していただきたいのは、彼らは何でも食べます。

パンフレット、紙袋など紙類は常食です。

背後に回り込まれ気づいたらやられていますので、気を付けてください。

%e5%ae%ae%e5%b3%b6%e3%81%ae%e9%b9%bf3

宮島の鹿

 

三つめは四季折々の景色です。

春には桜、夏には青と赤い厳島の鳥居のコントラストも魅力的です。

秋には紅葉。

紅葉谷があります。

赤い橋と綺麗な赤の紅葉、そこでの撮影も是非是非していただきたいですね。

冬には雪景色。

元々宮島は神の島、雪の白に染まるとその神々しさが増して自然と心が落ち着きます。

色んな景色を堪能した後はやはりお腹が減るでしょう。

四つ目に楽しんでいただきたいのは食べ歩きグルメです。

宮島には定番もみじ饅頭だけではなく、握り天、揚げもみじ、アナゴまん、焼き牡蠣などなど美味しいが一杯なのです。

特におすすめは牡蠣ですね。

やっぱり。ジューシーでプリップリの牡蠣は絶品の一言に尽きます。

握り天もチーズベーコン、たこねぎ、えびなどなど様々な種類がありお好みの一本を選べば熱々に揚げなおしてくれます。

噛めば噛むほどうま味が出る握り天は一本で中々満足できます。

揚げもみじはサクッとした衣とふわふわの生地、暖かいあんはまた美味しいです。

私的なおすすめはとろーりとろけるチーズですね。

甘じょっぱいのが好きです。

他にも牡蠣のクリームコロッケなどちょっと面白い品も島のあちこちで見受けられます。

食べ歩いて小腹が減ったら目についた美味しそうな一品を頼む。

この楽しみ方が私流の宮島の楽しみ方です。

%e5%ae%ae%e5%b3%b6%e3%81%ae%e7%84%bc%e3%81%8d%e7%89%a1%e8%a0%a34

宮島の焼き牡蠣

 

他にも夏季限定の苺氷や、明治末期からあんこのみのもみじ饅頭販売を貫いているお店など沢山の美味しいがありますが、止まらなくなりそうなのでここまでにとどめておきます。

水族館も珍しい牡蠣いかだが展示されていたりと広島らしい水族館です。

私流の楽しみ方ですが、参考にしていただき満足していただければ幸いです。

是非丸っと一日楽しい宮島ライフを過ごしてみてください。

 

 

 

 - 旅行

スポンサードリンク



スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

函館旅行 / ファイターズの中田と稲葉にも会えて超ラッキー

5年前になりますが、5月の中旬に函館に行くことになりました。 私は北海道に住んで …

九州旅行からの帰りのサンフラワーの旅

田舎から大阪に転勤し、大阪にいる間に田舎では中々いけない所に旅しようということで …

私の京都旅行のポイントは「定期観光バス」

20代の頃は、リーズナブルかつ多くの観光地を巡ることを目的としていたものですが、 …

函館の三大市場は 朝の観光スポット

函館には「函館朝市」、「はこだて自由市場」、「中島廉売」と、3つの大きな市場があ …

長野県原村「星空の映画祭」の思い出

  今年の夏、友人と長野県諏訪郡にある原村という所に行ってきました。 …

行くことのできる・できない日本の最四端

自由に行くことができる日本の最四端は、北の宗谷岬、東の納沙布岬、南の波照間島(高 …

本州最北端 マグロの街は遠くも食に大満足!

昨年の秋、夫婦で東北地方、主に北東北をめぐってきました。 岩手県から向かった先は …

さっぽろ大通り公園のゆで・焼きとうきびの香ばしい匂い

さっぽろとすすきのの間、幅105m、東西1.5kmにわたって細長くのびるさっぽろ …

運河のある街

運河は、船の移動のために人工的に造られた水路で、河川・湖・沼なども利用しています …

浴衣で歩くとお得が沢山!「浴衣で銀ぶら2017」

銀座の街が浴衣姿で一杯になる1日。 それが「浴衣で銀ぶら」です。 歩行者天国は1 …