ソニーブログ

趣味、旅行から健康、スポーツ、自然、歴史、動物など生活雑事に関して紹介します。

*

乗り心地が抜群に良くなった秋田新幹線「こまち」

      2023/11/03

秋田県から東京都までを走っている新幹線といえば、「こまち」です。

今年、開業20周年を迎えます。

その秋田新幹線「こまち」は2013年頃から新しくなりました。

それまではE3系と呼ばれる車両でしたが、2013年から順次E6系というものに変わり、今では運行されている全ての秋田新幹線「こまち」がE6系の車両となっています。

変わったのは車両の種類と見た目だけではありません。

内装もガラリと変わり、とても乗り心地が良くなったと評判になっています。

今回はそんな新しくなった秋田新幹線「こまち」に関してご紹介します。

秋田新幹線 E6系

 

秋田から東京まで走っている新幹線「こまち」は、旅行や出張、帰省などに使用される、秋田県民にとっては欠かせない交通手段の一つです。

2013年頃から車両がE6系に変わり、これまで東京へ行くまで約4時間ほどかかっていたのが5~10分程度早くなり、今では4時間かからずに行くことができます。

それでもやはりかかる時間は長いですよね。

というのも、秋田新幹線「こまち」は秋田駅から盛岡駅までの間は在来線を走行しているので新幹線のスピードは出せないのです。

そのため秋田新幹線と言いつつも、秋田駅と盛岡駅間はミニ新幹線とも呼ばれています。

在来線を走行 画像元:youtube

 

そして何よりも初めて利用されるお客さんが驚くことに、秋田駅から秋田県の大曲駅間はなんと座っている方向とは逆の方向へ走るということです。

これには始めて利用される皆さんはとても驚かれるようです。

寝てしまっていたというお客さんなんかは、降りる駅を間違ってしまったのかと思い、物凄く焦ったという人もいるほどです。

ちなみに大曲駅から東京間は座っている方向と同じ方向へ走行しています。

座っている方向とは逆の方向へ走る 画像元:youtube

 

E6系の車両になってからは外装もガラリと変わり、これまでシンプルに白ベースの色だった車体が赤というか、濃いピンクのようなそんな色に変わりました。

そして内装も紺色ベースのシートから秋田のお米、「あきたこまち」の稲穂をイメージした金色ベースのシートへと変わりました。

前の席との間隔の余裕なども少し広くなり、シートもふかふかしていて背もたれも少し長くなり、とても快適なものへと変わりました。

やはり東京から乗車し終点の秋田まで乗っている人にとっては、所要時間が長いので、乗り心地の良いシートに変わったという点はとても嬉しいですよね。

シートの乗り心地の良さに関しては、やはり前よりもかなりバージョンアップしたと当時から話題になっていました。

グリーン車   画像元:Wikipedia

普通車   画像元:Wikipedia

 

そして何よりも進化したのが、コンセントです。

そんなものが?と思われてしまうかもしれませんが、それまでE3系の秋田新幹線「こまち」にはコンセントは付いていませんでした。

仕事の関係で利用される方も多く所要時間も長いということも関係しているのかもしれませんね。

スマートフォンやタブレット、PCなどが普及しているこの時代にコンセントが設置されたのはとても嬉しくありがたいことです。

コンセント付   画像元:Wikipedia

 

このように進化した秋田新幹線「こまち」にまだ乗車したことがない皆さんはこの機会に是非利用してみてください。

秋田県外だと盛岡、仙台、大宮、上野などにも停車するのでその区間の利用にもいかがでしょうか。

コンセントの設置はされていますが、Wi-Fi完備はまだされていないのでPCなどでのインターネットの利用を考えている方はポケットWi-Fiなどをレンタルすることをおススメします。

 

 

 

 

 - 旅行

スポンサードリンク



スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

石川県観光物産館で初めての和菓子(生菓子)作り体験

石川県観光物産館で生菓子を作ってきました。 生菓子は全部で3つ作りました。 初め …

青森の恐山 興味と不安/人が多いと安心です

私は怖いもの見たさで、オートバイで青森県の恐山へ行ったことがありました。 ただ、 …

函館山からは扇型の街明かりと数十隻のイカ釣り漁船 / まぶしい光に感動

岡山県から、自転車で日本一周の旅に出かけて、各都道府県の観光地を巡る道中で函館に …

霧島温泉郷でも最古の温泉といわれる岩風呂「目の湯」

  霧島温泉郷でも最古の温泉といわれる「目の湯」は、天然の岩でできた温 …

地元に愛されている山の中の野天風呂「熊の湯」

北海道知床羅臼川畔に秘湯と言われ、地元の有志の方によって作られた露天風呂「熊の湯 …

川・運河・お堀から遊覧船で町並みと風景めぐり

普段は脇から見下ろしている川、運河、お堀、そこから一段下がった目線で周りを見るこ …

浴衣で歩くとお得が沢山!「浴衣で銀ぶら2017」

銀座の街が浴衣姿で一杯になる1日。 それが「浴衣で銀ぶら」です。 歩行者天国は1 …

子供と一緒に伊豆シャボテン公園へ行こう!

都内からもアクセスがよくて行きやすい伊豆。 せっかく旅行にいくならどこか名所に立 …

忘れられないフェリー北海道旅行

数年前の10月のことです。 数年ぶりにフェリーを使って北海道へ旅行をしました。 …

レンタカーで3泊4日の北海道旅行

九月の中旬に友人と3泊4日の北海道旅行に行ってきました。 ホテルは予約していて、 …