ソニーブログ

趣味、旅行から健康、スポーツ、自然、歴史、動物など生活雑事に関して紹介します。

*

無理なく食生活を充実させる工夫

      2017/11/30

毎日の食事作りをしていると、どうしても食事をする時間が短くなってしまうことがあります。

食事の後片付けもあるので、なかなかゆっくりと食事ができないこともあります。

他にも家事や仕事などの作業が詰まっている場合は特にゆっくりと食事ができません。

中には立ったまま食事をささっと済ませてしまう人もいるようです。

しかし、食事をきちんと摂ることは生きていくための基本的なことですし、次の作業を行っていくためにも大切なことです。

食生活1
食事を提供する人が一緒になって食事をするには、それなりの工夫が必要です。

時間の空いた時にメインのおかずだけでも作っておくと、食事の支度が楽になり時短にもなります。

私は昼食も作っていますが、仕事もしているのでできるだけ食事作りの時間を減らすために、前日の夜にメインのおかずを作り置きしておきます。

毎日お昼になって、時間のない中バタバタと慌てて作る必要がないので非常に楽です。

お弁当のおかずも前日の夜につくっておくので、それと一緒に作るようにしています。

食生活2
1日の食事のメインは夕食です。

以前は夕食の前後に、仕事をしていましたが、結局どっちつかずになってしまい上手くいきませんでした。

そこで今では仕事を早めに切り上げ、夕食前から夕食の準備をするようにしています。

メインのおかずを先に作っておくことで、時間の短縮になりますし、精神的にも楽になります。

以前は家族が食卓についてからメインのおかずを作っていたので、時間に追われてバタバタしていました。

その為、食事の時間が削られ、少ししかご飯を食べられなくて、後でお腹が空いてしまうことも良くありました。

今では休憩時間を利用して、軽く食事をするようにしています。

1日におやつを合わせて、5回の食事を摂ることで、胃腸の負担も減りました。

食生活3
食後も何かと動かなくてはならないので、食べ過ぎには十分に注意しています。

量が少ないとお腹が空いてそれがストレスになってしまいます。

しかし、事前に軽食を摂ることで、どちらも解決することができました。

また、食事の準備ができたら先に食事を済ませてから、残りの炊事をするようにしています。

日常生活の作業の順番を少し変えることで、かなり生活が楽になります。

不便に感じるということは、どこかで無理がかかっているということだと思います。

食生活4
私は毎日の食事を大切にしています。

きっかけは以前、一人暮らしをしていた時に食生活を疎かにしていて、食べることができなくなってしまったことがあったからです。

毎日を健康で生き生きと生活していくためにも、毎日の食事はとても大切なことです。

まずは自分の食生活をきちんとすることで、家族の食生活も変わっていくものだと思います。

 

 

 - ライフ, 健康

スポンサードリンク



スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

あなたは何おなか?おなか太りタイプ別のおすすめ食材

女性にとっておなか太りは気になりますよね? ブニブニのおなかだと、好きな洋服を着 …

画像でみる 地球から宇宙の果てまで

天の川銀河系は、直径8~10万光年、中心の厚さ1.5万光年、周辺部の厚さ1000 …

不思議で怪奇な3階建てお堂建築物 会津さざえ堂

正式名称は「円通三匝堂(えんつうさんそうどう)」といいます。 福島県会津若松市の …

創成川キャンドルストリーム “2017”

札幌市の中心部、西1丁目と東1丁目の間を南北に流れる川が創成川です。 明治時代に …

水 / ウォーターサーバーの口コミ Best10

水の種類 【ナチュラルウォーター】 特定の水源から採水された地下水に、濾過・沈殿 …

スマートフォン用携帯バッテリーで大後悔

スマートフォン用携帯バッテリーを購入したときの失敗談です。 私は毎日スマートフォ …

ストリートビュー 「富士五湖の沿道から湖面を通して富士山を見ました」

Googleでストリートビューして、富士五湖沿いの県道から見える富士山を探してみ …

ジーンズの洗濯と色落ち

ジーンズの色落ちの原因として、ジーンズは繊維表面を合成インディゴで染色して仕上げ …

南極の氷は減ってるの?増えてるの?

南極大陸は1億6000万年前にアフリカ大陸と分離。 4000万年前にはオーストラ …

ウェットスーツを買ったのに仕事が忙しくて海に行けなくなりました

私は20代前半の頃サーフィンをしていたことがあります。 ちょうど社会人になって収 …